いし【石】🔗🔉

いし【石】  〘名〙  ❶ 岩石の小さな塊で、砂よりも大きいもの。ふつう、大地に深く根を張って容易には動かしえない巨大な「岩」に対し、ごろごろと転がったり手で持ち運ぶことができたりするものをいう。土木建築・彫刻などの資材として、広く使われる。 ❷ 岩石・鉱物の総称。 「━の研究家」 ❸ ①を加工して、装飾品や時計などの部品に使ったもの。また、ライターの発火に使う合金。 「高価な━(=宝石)を散りばめた首飾り」 ❹ 碁石。 「━を打つ」 ❺ 人体にできる結石。 「━を取り除く」 ❻ じゃんけんで、握りこぶしで示すもの。「はさみ」に勝ち、「かみ」に負ける。ぐう。 ❖「石」のイメージと表現 ① 凝り固まって固い。(石のように固い餅・石頭・石のように固い筋肉[表情]・石のように頑固である・石部金吉いしべきんきち金兜かなかぶと) ② 重い、重くて水に沈む。(石のように重い心をひきずって帰宅する・石が流れて木の葉が沈む〔物事が道理とは逆になること〕・石を抱きて淵ふちに入る〔みずから進んで危険を冒したり災難を招いたりすること〕) ③ 転がる、転がり落ちる。(我が心は石にあらず、転ずべからず・石のように谷底に転がり落ちた・落石注意) ④ 堅固けんご・堅牢けんろう。(石のように堅固な精神・友情は盤石ばんじゃくのごとくゆるがない・鉄心石腸てっしんせきちょう・石心鉄腸せきしんてっちょう) ⑤ 押し黙っている。(石のように黙して語らない・石の沈黙を通す) ⑥ 冷たい、冷酷。(肌はひんやりとして石のように冷たい・石の上にも三年・石のように冷たい心) ⑦ 無情である。(石のように情けを解しない・人は木石にあらず・木仏金仏石仏きぶつかなぶついしぼとけ) ⑧ 価値がない。(石ころのように捨てられる・玉石混淆こんこう) ⑨ 点在する島々。(島々が小石のように点在する・太平洋の要石かなめいし

石に齧かじり付いても🔗🔉

石に齧かじり付いても どんなに苦しくとも我慢して。是が非でも。 「━やり抜くぞ」 注意「石にしがみついても」は誤り。

石に漱くちすすぎ流れに枕まくら🔗🔉

石に漱くちすすぎ流れに枕まくら 負け惜しみが強く、自分の誤りに屁理屈へりくつをこねて言い逃れることのたとえ。漱石枕流そうせきちんりゅう。 語源「石に枕し流れに漱ぐ(=俗世間を離れて山林などで自由に暮らす。枕石漱流)」というべきところを逆に言ってからかわれた晋の孫楚そんそが、「流れに枕するのは耳を洗うためで、石に漱ぐのは歯を磨くためである」とすかさず言い返したという『晋書』の故事に基づく。

石の上にも三年🔗🔉

石の上にも三年 物事は辛くとも根気よく続ければ、最後にはきっと成功するということ。 ◇冷たい石も三年も座り続ければ暖かくなるの意からいう。

いし‐うす【石臼】🔗🔉

いし‐うす【石臼】  〘名〙 石で作ったうす。特に、石製のひきうす。 「━で豆をひく」 ◇重いもののたとえに使う。

いし‐がき【石垣】🔗🔉

いし‐がき【石垣】  〘名〙 石を積んでつくった垣。

いし‐ぐみ【石組み】🔗🔉

いし‐ぐみ【石組み】  〘名〙 日本庭園で、自然石を組み合わせて配置すること。また、そのもの。石配り。石立て。

いし‐くれ【石塊】🔗🔉

いし‐くれ【石塊】  〘名〙 〔古い言い方で〕石ころ。小石。 ◇「くれ」はかたまりの意。

いし‐けり【石蹴り】🔗🔉

いし‐けり【石蹴り】  〘名〙 地面にかいた幾つかの円や四角の中に、片足跳びのつま先で順に小石をけり入れて遊ぶ、子供の遊び。

いし‐ころ【石ころ】🔗🔉

いし‐ころ【石ころ】  〘名〙 小石。石くれ。

いし‐ずり【石刷り・石摺り】🔗🔉

いし‐ずり【石刷り・石摺り】  〘名〙 石碑の文字などを墨で紙にすり写すこと。また、そのもの。拓本たくほん

いし‐づき【石突き】🔗🔉

いし‐づき【石突き】  〘名〙  ❶ 槍やり・なぎなたなどの柄の端や、つえ・こうもり傘などの先端。また、そこに取りつけた金具。 ◇地面を突くことから。 ❷ キノコの根もとの固い部分。

いし‐ばい【石灰】━バヒ🔗🔉

いし‐ばい【石灰】━バヒ  〘名〙 酸化カルシウム(=生石灰せいせっかい)、または水酸化カルシウム(=消石灰しょうせっかい)の通称。せっかい。

いしやき‐いも【石焼き芋】🔗🔉

いしやき‐いも【石焼き芋】  〘名〙 焼けた小石の中に埋めて焼いたサツマイモ。

いわ‐や【岩屋(石屋・窟)】イハ━🔗🔉

いわ‐や【岩屋(石屋・窟)】イハ━  〘名〙 岩にできたほら穴。また、それを利用したり、岩を掘ったりして造った住居。

こく【石】🔗🔉

こく【石】  〘名〙  ❶ 尺貫法で、体積を表す単位。石は斗の一〇倍で、一石は約一八〇・四リットル。 ◇多く穀類を量るのに使う。 ❷ 材木の体積や、和船の積載量を表す単位。一石は一〇立方尺で、約〇・二七八立方メートル。 「三〇━船」 ❸ 大名・武家の知行高を表す単位。 「加賀百万━」 ◆計量法の基準となるSI単位系外の単位。

せき【石】🔗🔉

せき【石】  (造)  ❶ いし。 「━器・━像」 「化━・岩━・原━・採━」 ❷ 無価値なもの。 「木━・玉━混淆」 ❸ 腕時計などの軸受けに使う宝石を数える語。 「三〇━の時計」 ❹ ラジオなどに使うトランジスター・ダイオードなどを数える語。 ❺ 「石見いわみ」の略。 「━州」

せき‐いん【石印】🔗🔉

せき‐いん【石印】  〘名〙 石の印材に彫った印。

せき‐えい【石英】🔗🔉

せき‐えい【石英】  〘名〙 二酸化珪素けいそからなる鉱物。ガラス光沢のある六角柱状または錐すい状の結晶で、無色あるいは白色。透明な単結晶を水晶と呼ぶ。装飾品・窯業原料などに用いる。

せき‐か【石化】━クヮ🔗🔉

せき‐か【石化】━クヮ  〘名・自サ変〙 地中に埋蔵された生物の遺骸の有機物が、浸透してきた炭酸カルシウムや珪酸けいさんなどと置換され化石になること。せっか。

せっ‐かい【石灰】セキクヮイ🔗🔉

せっ‐かい【石灰】セキクヮイ  〘名〙 生せい石灰(酸化カルシウム)と消石灰(水酸化カルシウム)の総称。いしばい。

せっかい‐がん【石灰岩】セキクヮイ━🔗🔉

せっかい‐がん【石灰岩】セキクヮイ━  〘名〙 炭酸カルシウムを主成分とする堆積たいせき岩。生物の遺骸いがいが水底に堆積して生じた生物岩と、海水中の石灰分が沈殿して生じた化学石とがある。建築材や石灰・セメントなどの原料として広く利用される。

せっかい‐ちっそ【石灰窒素】セキクヮイ━🔗🔉

せっかい‐ちっそ【石灰窒素】セキクヮイ━  〘名〙 炭化カルシウム(カーバイト)と窒素を化合させてつくる窒素肥料。純品は白色の水溶性化合物だが、肥料用は炭素を含むので黒灰色を呈する。

せっ‐かん【石棺】セキクヮン🔗🔉

せっ‐かん【石棺】セキクヮン  〘名〙 石造りのひつぎ。石材を組み合わせたものと、石材をくり抜いたものとがある。日本で主に古墳時代に用いられた。

せっ‐き【石器】セキ━🔗🔉

せっ‐き【石器】セキ━  〘名〙 石製の器具。特に、石鏃せきぞく・石斧せきふ・石包丁・石皿など、石器時代の遺物をいう。打製石器と磨製石器とに分けられる。

せっ‐こう【石膏】セキカウ🔗🔉

せっ‐こう【石膏】セキカウ  〘名〙 硫酸カルシウムからなる鉱物。無色透明あるいは白色の結晶で、水成岩中などに厚い層をなして産する。セメントの混材・建築材・彫刻材料・顔料などに用いる。

明鏡国語辞典で始まるの検索結果 1-26もっと読み込む