複数辞典一括検索+

も‐よう【模様】━ヤウ🔗🔉

も‐よう【模様】━ヤウ  〘名〙  ❶ 紙・織物・工芸品などの表面に装飾として施す図柄や絵。また、物の表面にあらわれた図柄。 「唐草からくさ━」 ❷ ありさま。ようす。 「試合の━を中継する」 「会議は決裂しそうな━だ」 語法②は、文末に使って、報告を表す用法もある。「犯人は逃走した━(だ)」

もよう‐がえ【模様替え】モヤウガヘ🔗🔉

もよう‐がえ【模様替え】モヤウガヘ  〘名〙  ❶ 建物の外装、室内の装飾、家具の配置などを変えること。 ❷ 物事の配置・方法・順序などを改めること。 「組織の━をはかる」

もよおし【催し】モヨホシ🔗🔉

もよおし【催し】モヨホシ  〘名〙 大勢の人を集めて行事などを行うこと。また、その行事。催し物。

もよおし‐もの【催し物】モヨホシ━🔗🔉

もよおし‐もの【催し物】モヨホシ━  〘名〙 人を集めて行う、さまざまな行事。講演会・演芸会・展示会など。 表記公用文では「催物」。

もよお・す【催す】モヨホス🔗🔉

もよお・す【催す】モヨホス ㈠  〘他五〙 行事などを計画して行う。開催する。 「茶会[体育祭]を━」 「展覧会[酒宴]が━・される」 ㈡  〘自他五〙 ある気持ちや生理的な状態が起こる。また、それを起こす。 「にわかに眠けが━」 「マッチ売りの少女に哀れを━」 「吐き気[尿意]を━」 可能催せる [名]催し 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖実行‖じっこう

も‐より【《最寄り》】🔗🔉

も‐より【《最寄り》】  〘名〙 もっとも近い所。すぐ近く。 「━の駅[交番]」 表現従来場所に限って使ったが、近年用法を広げ、人にもいう。「━の係員まで」 関連語 大分類‖物事の性質‖ものごとのせいしつ 中分類‖近い‖ちかい

もらい‐ご【貰い子】モラヒ━🔗🔉

もらい‐ご【貰い子】モラヒ━  〘名〙 他人の子をもらって自分の子として育てること。また、その子。

明鏡国語辞典 ページ 6131