複数辞典一括検索+

みみ‐わ【耳輪】🔗🔉

みみ‐わ【耳輪】  〘名〙 耳たぶに下げる装飾の輪。イヤリング。

み‐むき【見向き】🔗🔉

み‐むき【見向き】  〘名〙 振り返ってその方を見ること。また、そちらに関心を示すこと。 「甘い物には━もしない」 ◇多く下に打ち消しを伴って使う。

み‐め【見目】🔗🔉

み‐め【見目】  〘名〙  ❶ 見た目。外見。 ❷ 顔だち。容貌ようぼう。 「━麗うるわしい人」 表記②は「〈眉目〉」とも当てる。

み‐めい【未明】🔗🔉

み‐めい【未明】  〘名〙 まだ夜が明けきらないころ。明け方。 「━に起こった火事」 「昨━」 関連語 大分類‖一日‖いちにち 中分類‖‖あさ

ミメーシス[mimesis ギリシア]🔗🔉

ミメーシス[mimesis ギリシア]  〘名〙  ❶ 対象物の言語・動作を模倣して、その対象の性質を如実に表現しようとする修辞法。模写。 ❷ 動物が他からの発見を防ぐために色や形を周囲の環境に似せて目立たなくする擬態。隠蔽的擬態。 ◆「ミメシス」とも。 関連語 大分類‖学習‖がくしゅう 中分類‖真似‖まね

みめ‐かたち【見目形】🔗🔉

みめ‐かたち【見目形】  〘名〙 顔だちと姿。容姿。

ミメシス[mimesis ギリシア]🔗🔉

ミメシス[mimesis ギリシア]  〘名〙 →ミメーシス

ミモザ[mimosa]🔗🔉

ミモザ[mimosa]  〘名〙  ❶ マメ科オジギソウ属の総称。 ❷ マメ科の常緑高木、フサアカシアの通称。 ❸ 園芸界で、ギンヨウアカシアの切り花の通称。

み‐もだえ【身悶え】🔗🔉

み‐もだえ【身悶え】  〘名・自サ変〙 苦しみや悲しみのために体をよじるように動かすこと。

み‐もち【身持ち】🔗🔉

み‐もち【身持ち】  〘名〙  ❶ 日頃の行い。品行。 「━が悪い」 ◇多く異性との交際についていう。 ❷ 〔古風な言い方で〕妊娠すること。身重みおも。 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖行い‖おこない

み‐もと【身元・身許】🔗🔉

み‐もと【身元・身許】  〘名〙  ❶ その人の出生から現在までの境遇・経歴に関する事柄。 「━不明」 ❷ その人の一身上の事柄。 「━保証人」

明鏡国語辞典 ページ 5930