複数辞典一括検索+

にじゅう‐ぶた【二重蓋】ニヂュウ━🔗🔉

にじゅう‐ぶた【二重蓋】ニヂュウ━  〘名〙 器物のふたの内側にもう一つふたがあるもの。また、そのような作りのふた。

にじゅう‐まる【二重丸】ニヂュウ━🔗🔉

にじゅう‐まる【二重丸】ニヂュウ━  〘名〙 二重の丸。「◎」の印。正解や優良などを示す場合、「○」よりもさらに評価が高いことを表す。

にじゅう‐まわし【二重回し】ニヂュウマハシ🔗🔉

にじゅう‐まわし【二重回し】ニヂュウマハシ  〘名〙 男性が和服の上に着る外套がいとう。インバネスを和装化して丈を長くしたもの。とんび。

にじゅうよ‐じかん【二十四時間】ニジフヨ━🔗🔉

にじゅうよ‐じかん【二十四時間】ニジフヨ━  〘名〙 午前零時から翌日の同じ時刻までの間。一昼夜。まる一日。 「━営業」 関連語 大分類‖一日‖いちにち 中分類‖終日‖しゅうじつ

に‐じょう【二乗】🔗🔉

に‐じょう【二乗】  〘名・他サ変〙 ある数・式を二度かけ合わせること。また、その積。平方。自乗じじょう。 「二の━は四」

にじり‐ぐち【躙り口】🔗🔉

にじり‐ぐち【躙り口】  〘名〙 茶室特有の狭い出入り口。にじりあがり。くぐり。 ◇膝ひざでにじるようにして入ることから。

にじり‐よ・る【躙り寄る】🔗🔉

にじり‐よ・る【躙り寄る】  〘自五〙 膝ひざをついたまま少しずつ進み寄る。 「卓のそばに━」

に‐じる【煮汁】🔗🔉

に‐じる【煮汁】  〘名〙 食べ物を煮た汁。また、食べ物を煮るために調味した汁。

にじ・る【躙る】🔗🔉

にじ・る【躙る】 ㈠  〘自五〙 膝を動かして少しずつ動く。 「━・ってそばに来る」 ㈡  〘他五〙 押しつけてすり動かす。 「タバコの火を━・って消す」

に‐しろ🔗🔉

に‐しろ  〘連語〙 →にしても 「どんな理由━、最初に手を出したほうが悪い」

にしん【鰊・鯡】🔗🔉

にしん【鰊・鯡】  〘名〙 北太平洋・北大西洋に分布するニシン目ニシン科の海水魚。体は細長く、マイワシに似る。春、群れをなして接岸し、海藻に産卵する。食用。卵は数の子と呼ばれる。春告魚はるつげうお。カド。カドイワシ。

明鏡国語辞典 ページ 4684