複数辞典一括検索+

にじ‐ぐち【二字口】🔗🔉

にじ‐ぐち【二字口】  〘名〙 相撲で、東西の力士が土俵に上がる所。徳俵と平行に「二」の字の形に俵が埋めてある。

に‐じげん【二次元】🔗🔉

に‐じげん【二次元】  〘名〙 次元の数が二つあること。平面のように、長さと幅だけの広がりをもっていること。→次元

にじ‐さいがい【二次災害】🔗🔉

にじ‐さいがい【二次災害】  〘名〙 ある災害から派生して起こる別の災害。

にしじん【西陣】ニシヂン🔗🔉

にしじん【西陣】ニシヂン  〘名〙 京都の西陣で織られる高級絹織物。綾・錦・金襴きんらん・緞子どんす・繻子しゅすなど。 ◇「西陣織」の略。

に‐し‐たっ‐て🔗🔉

に‐し‐たっ‐て  〘連語〙 →にしても 「先方━困るだろう」

にじっ‐せいき【二十世紀】🔗🔉

にじっ‐せいき【二十世紀】  〘名〙  ❶ 西暦一九〇一年から二〇〇〇年までの一〇〇年間。 ❷ ナシの一品種。果皮は淡黄緑色で、果肉は水分に富む。 ◆「にじゅっせいき」とも。

に‐し‐て🔗🔉

に‐し‐て  〘連語〙  ❶ 《体言・副詞などに付いて》物事が実現する時間段階などを表す。また、手段方法を表す。…で。 「一瞬━燃え尽きた」 「ローマは一日━成らず」 「煙はたちまち━部屋に満ちた」 語法動作表現を伴うことが多いが、状態表現を伴うこともある。「生まれながらにして体が丈夫だ」 表現最低限を表す語に付いて、程度を強調することが多い。 ❷ 《体言や形容動詞の語幹に付いて》同類のことを並べ上げる。…であって同時に。…でありかつ。 「有能な政治家━よき母親である」 「勇敢━優しさもある」 ❸ 《体言に付いて》逆接を表す。…であるのになお。…なのに。 「この年━まだ迷いがある」 「教師━このざまだ」 ❹ 〔慣用句的に〕幸不幸・運不運の評価を前置きとして示す。…なことに。 「幸い━大事には至らなかった」 「不幸━病に倒れた」 ◆格助詞「に」+「する」の連用形「し」+接続助詞「て」。

明鏡国語辞典 ページ 4679