複数辞典一括検索+

とっ‐こう【特攻】トク━🔗🔉

とっ‐こう【特攻】トク━  〘名〙 特別に部隊を編成して攻撃すること。 「━隊(=第二次大戦中、旧日本陸海軍が体当たり攻撃を行うために特別に編成した部隊)」 ◇「特別攻撃」の略。

とっ‐こう【特効】トクカウ🔗🔉

とっ‐こう【特効】トクカウ  〘名〙 特にすぐれた効能。 「腹痛に━のある煎じ薬」

とっ‐こう【特高】トクカウ🔗🔉

とっ‐こう【特高】トクカウ  〘名〙 政治・社会運動などを取り締まるために設置された警察組織。また、その警察官。 ◇「特別高等警察」の略。一九一一(明治四四)年に設置され、四五(昭和二〇)年に解体した。

とっ‐こう【徳行】トクカウ🔗🔉

とっ‐こう【徳行】トクカウ  〘名〙 〔文〕道徳にかなった正しい行い。

とっ‐こう【篤行】トクカウ🔗🔉

とっ‐こう【篤行】トクカウ  〘名〙 〔文〕誠実な行い。人情にあつい行い。 「━の君子」 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖行い‖おこない

どっ‐こう【独行】ドクカウ🔗🔉

どっ‐こう【独行】ドクカウ  〘名・自サ変〙  ❶ ただ一人で行くこと。 ❷ 他に頼らずに自分の力だけで物事を行うこと。 「独立━」

どっこう‐せん【独航船】ドクカウ━🔗🔉

どっこう‐せん【独航船】ドクカウ━  〘名〙 母船会社との契約によって母船とともに漁場に行き、そこで直接漁獲を行う小型の漁船。母船式サケ・マス漁業、工船式カニ漁業などにみられる。

とっこう‐やく【特効薬】トクカウ━🔗🔉

とっこう‐やく【特効薬】トクカウ━  〘名〙 ある病気や傷に対して特にききめのある薬。

とっ‐こつ【突兀】🔗🔉

とっ‐こつ【突兀】  〘形動トタル〙 〔文〕高くつき出ているさま。高くそびえ立つさま。 「━たる岩山」

とっ‐さ【嗟】🔗🔉

とっ‐さ【嗟】  〘名〙 きわめて短い時間。瞬時。 「━の判断」 「━に身をかわす」 関連語 大分類‖短い‖みじかい 中分類‖短期間‖たんきかん

とっ‐さき【突先】🔗🔉

とっ‐さき【突先】  〘名〙 突き出たものの先端。突端。 「岬の━」

どっさり🔗🔉

どっさり  〘副〙  ❶ 数量の多いさま。たくさん。 「米なら━(と)ある」 ❷ 重い物が落ちる音を表す語。どさり。 「積み荷が━(と)落ちる」

明鏡国語辞典 ページ 4427