複数辞典一括検索+

ドグマ[Dogma ドイツ]🔗🔉

ドグマ[Dogma ドイツ]  〘名〙  ❶ 宗教上の教義。教理。 ❷ 組織などによって公認された教条。また、独断的な説。 「━に陥る」

どく‐み【毒味・毒見】🔗🔉

どく‐み【毒味・毒見】  〘名・自他サ変〙  ❶ 飲食物を人に勧める前に、毒の有無を確かめるために飲食してみること。 「━役」 ❷ 料理の味加減をみること。 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖試みる‖こころみる

とく‐む【特務】🔗🔉

とく‐む【特務】  〘名〙 特別の任務。 「━機関(=諜報活動・特殊工作などを行った旧軍部の特殊軍事組織)」

とく‐めい【匿名】🔗🔉

とく‐めい【匿名】  〘名〙 自分の姓名を隠して知らせないこと。また、本名を隠して別名を使うこと。 「━の投書」

とく‐めい【特命】🔗🔉

とく‐めい【特命】  〘名〙 特別の命令・任命。 「━が下る」 関連語 大分類‖指示‖しじ 中分類‖命令‖めいれい

とくめい‐ぜんけんたいし【特命全権大使】🔗🔉

とくめい‐ぜんけんたいし【特命全権大使】  〘名〙 外交使節の第一階級。駐在大使館の長として駐在国との外交交渉を行い、自国民の保護・監督に当たる。全権大使。大使。

とくめいたんとう‐だいじん【特命担当大臣】━タンタウ━🔗🔉

とくめいたんとう‐だいじん【特命担当大臣】━タンタウ━  〘名〙 内閣府に所属する複数の国務大臣。行政各部の施策の総合調整を任務とする。うち二人は、沖縄及び北方対策担当と金融担当。

とく‐もく【徳目】🔗🔉

とく‐もく【徳目】  〘名〙 徳を分類した細目。儒教の仁・義・礼・智・信など。

どく‐や【毒矢】🔗🔉

どく‐や【毒矢】  〘名〙 矢じりに毒を塗った矢。

とく‐やく【特約】🔗🔉

とく‐やく【特約】  〘名・他サ変〙 特別の条件・便宜・利益などを伴う契約。また、その契約を結ぶこと。 「━店」 「災害━付き生命保険」

どく‐やく【毒薬】🔗🔉

どく‐やく【毒薬】  〘名〙 微量で激しい作用を現し、生命の危険を招く医薬品。 ◇劇薬より作用が激しいもので、薬事法に基づき厚生労働大臣が指定する。

明鏡国語辞典 ページ 4395