複数辞典一括検索+

いつ‐だつ【逸脱】🔗🔉

いつ‐だつ【逸脱】  〘名〙  ❶  〘自サ変〙 本筋からそれること。 「本来の目的から━する」 「職権を━した行為」 ❷  〘自他サ変〙 あやまって抜けること。また、抜かすこと。 「リストに━がある」

いっ‐たん【一端】🔗🔉

いっ‐たん【一端】  〘名〙  ❶ 一方のはし。かたはし。 「竹ざおの━を切断する」 ❷ 一部分。 「抱負の━を述べる」 「私生活の━がうかがえる」 関連語 大分類‖所‖ところ 中分類‖はし‖はし

いっ‐たん【一旦】🔗🔉

いっ‐たん【一旦】  〘副〙  ❶ 物事の進行や行為を一時的に中断するさま。普通、再開するという含みでいう。いちど。ひとまず。 「━家に戻って出直そう」 「道に迷ったら━大通りに出るとよい」 「ここは━退く手だ」 ❷ 《条件を表す従属節などで使って》重要な結果をもたらす行為として、それを行うさま。ひとたび。いちど。 「━言い出したら、絶対に引かない」 「━決心したからには最後までやれ」 「議員は━落ちたらただの人だ」 ◆「旦」は朝の意。もとは「一朝」と同じ意味。 表記かな書きも多い。

一旦緩急かんきゅうあれば🔗🔉

一旦緩急かんきゅうあれば ひとたび大事が起これば。一朝事あれば。 「━馳せ参じます」 →緩急② ◇『史記』から。

いっ‐ち【一致】🔗🔉

いっ‐ち【一致】  〘名・自サ変〙 二つ以上のものの内容・形・数量などが、ぴったり同じになること。 「二人の意見が期せずして━する」 「偶然の━」 「━団結」 「満場━」 関連語 大分類‖関係‖かんけい 中分類‖一致‖いっち 大分類‖合う‖あう 中分類‖相応しい‖ふさわしい

いっち‐はんかい【一知半解】🔗🔉

いっち‐はんかい【一知半解】  〘名・形動〙 少し知っているだけで十分には理解していないこと。なまかじり。 「━な知識」 「━の意見」

いっ‐ちゃく【一着】🔗🔉

いっ‐ちゃく【一着】  〘名〙  ❶ 競走・競泳などで、一番早く到着すること。第一位。一等。 ❷ 衣服の数え方で、一つ。また、そのひとそろい。 「━しかない背広」 ❸ 囲碁で、石を一つ盤面に打つこと。一手。 「勝敗を分けた━」 ❹  〘他サ変〙 改まって衣服を着ること。着用。 「タキシードを━して晩餐ばんさん会に臨む」

明鏡国語辞典 ページ 423