複数辞典一括検索+

て‐すさび【手遊び】🔗🔉

て‐すさび【手遊び】  〘名〙 退屈をまぎらわすために手を使って何かをすること。手慰み。てすさみ。 「老後の━に俳画を描く」

て‐すじ【手筋】━スヂ🔗🔉

て‐すじ【手筋】━スヂ  〘名〙  ❶ 手のひらのすじ。 ❷ 手先を使ってする書画・芸事などの素質。 「三味線の━がいい」 ❸ 囲碁・将棋で、ある局面での有効な手。 「━を読む」 関連語 大分類‖技術‖ぎじゅつ 中分類‖技芸‖ぎげい

テスター[tester]🔗🔉

テスター[tester]  〘名〙 電流・電圧・抵抗などを測定する小型の計器。回路計。

で‐ずっぱり【出ずっぱり(出突っ張り)】━ヅッパリ🔗🔉

で‐ずっぱり【出ずっぱり(出突っ張り)】━ヅッパリ  〘名〙  ❶ 演劇などで、一人の役者がすべての出し物や幕、あるいは一幕中にずっと出演すること。 ❷ ある期間、ずっと出席または外出したままであること。 「一日中会議に━だった」 ◆表記現代仮名遣いでは「でづっぱり」も許容。

テスト[test]🔗🔉

テスト[test]  〘名・他サ変〙 試験。検査。実験。 「━を受ける」 「数学の━をする」 「期末━・飛行━」 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖試みる‖こころみる

テスト‐パターン[test pattern]🔗🔉

テスト‐パターン[test pattern]  〘名〙 テレビの送像機・受像機で、画像の調整などに用いられる図形。

です‐ので🔗🔉

です‐ので  〘接〙 〔俗〕「なので」の丁寧な言い方。 「明日はいません。━、返事はあさってになります」 表現「病気ですので休みます」などと使う「です」+接続助詞「ので」の接続詞化。近年の用法で、書き言葉では用いられない。→なので

デスペレート[desperate]🔗🔉

デスペレート[desperate]  〘形動〙 絶望的。自暴自棄なさま。 「━な気持ちになる」

デス‐マスク[death mask]🔗🔉

デス‐マスク[death mask]  〘名〙 死者の顔から直接型をとり、石膏せっこうなどを流して作った顔面の像。死面。

明鏡国語辞典 ページ 4195