複数辞典一括検索+

いちにち‐いちぜん【一日一善】🔗🔉

いちにち‐いちぜん【一日一善】  〘名〙 一日に一つだけでもよい行いをすること。また、その心がけ。 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖行い‖おこない

いちにち‐じゅう【一日中】━ヂュウ🔗🔉

いちにち‐じゅう【一日中】━ヂュウ  〘名・副〙 一日の始めから終わりまで。また、その間を通してずっと。終日。ひねもす。 「━で午前中が一番元気だ」 「━仕事ばかりしている」 表記「一日じゅう」と書くことも多い。また、現代仮名遣いでは「〜ぢゅう」も許容。

いちにち‐せんしゅう【一日千秋】━センシウ🔗🔉

いちにち‐せんしゅう【一日千秋】━センシウ  〘名〙 一日が千年のように長く思われること。一日三秋さんしゅう。いちじつせんしゅう。 「━の思いで待つ」 ◇「秋」は、年の意。待ち遠しいことのたとえに使う。

いち‐にょ【一如】🔗🔉

いち‐にょ【一如】  〘名〙 仏教で、現れ方はちがっても根本の真理はただ一つであること。 「梵我ぼんが[物心]━」 ◇「一」は同じの意、「如」は異ならない意。

いち‐にん【一人】🔗🔉

いち‐にん【一人】  〘名〙 ひとり。

いち‐にん【一任】🔗🔉

いち‐にん【一任】  〘名・他サ変〙 すべてを任せること。 「裁決を委員長に━する」 関連語 大分類‖要求‖ようきゅう 中分類‖委任‖いにん

いちにん‐かいしゃ【一人会社】━クヮイシャ🔗🔉

いちにん‐かいしゃ【一人会社】━クヮイシャ  〘名〙 株主が一人のみの会社。株式会社と有限会社がある。いちにんがいしゃ。

いち‐にんしょう【一人称】🔗🔉

いち‐にんしょう【一人称】  〘名〙 人称の一つ。話し手(書き手)が自分(を含む仲間)を指していうもの。「私わたしわたくし」「僕」「我々」など。第一人称。自称。

いちにん‐まえ【一人前】━マヘ🔗🔉

いちにん‐まえ【一人前】━マヘ  〘名〙  ❶ 一人に割り当てる分量。ひとりぶん。 「鮨すし━」 ❷ おとなとしての資格や能力をそなえていること。 「━の人間に育てる」 「口だけは━だ」 ❸ 専門家として通用する技能をそなえていること。 「━の職人に成長する」 ◆注意「一人ひとり前」は、やや標準から外れた言い方。

いち‐ねん【一年】🔗🔉

いち‐ねん【一年】  〘名〙  ❶ 西暦○年、平成○年のように年号で特定される、一つ一つの年。一月一日から十二月三十一日までの三六五日(閏年は三六六日)からなる。 「━の計は元旦にあり」 「━に一度のお祭り」 ❷ 時間の幅で、三六五日。ある日を基準として翌年の同月同日(の前日)まで。 「━で完成させる予定です」 ◇一年に満たなくとも、競技などのシーズンの意でも使う。「今シーズンは怪我に泣いた━だった」 ❸ 年号で、最初の年。元年。また、物事を始めた最初の年。 「入団━目」 ❹ 学校などの第一学年。また、一年生。 「中学━」 「━三組」 ❺ 〔文〕ある年。ひととし。ひととせ。 「青春の━をパリに遊ぶ」

明鏡国語辞典 ページ 389