複数辞典一括検索+

ため‐いけ【溜め池】🔗🔉

ため‐いけ【溜め池】  〘名〙 灌漑かんがいや消火に用いる水をためておく人工の池。用水池。

ダメージ[damage]🔗🔉

ダメージ[damage]  〘名〙 損害。痛手。 「━を受ける」

ため‐おけ【溜め桶】━ヲケ🔗🔉

ため‐おけ【溜め桶】━ヲケ  〘名〙  ❶ 肥料にする糞尿ふんにょうをためておく桶。また、その糞尿を入れて運ぶ桶。 ❷ 防火用に雨水をためておく桶。天水桶。

だめ‐おし【駄目押し】🔗🔉

だめ‐おし【駄目押し】  〘名・自サ変〙  ❶ 確実とわかっていても、念を入れてもう一度確かめること。 ❷ スポーツの試合で、勝利が確実になったあとでさらに得点を加え、勝利を決定的にすること。 「━の満塁ホームラン」 ◆囲碁で駄目を詰めて確かめることから。

ため‐ぐち【ため口】🔗🔉

ため‐ぐち【ため口】  〘名〙 〔俗〕相手と対等な口をきくこと。 「━をきく」 表記「タメ口」とも。

ため‐こ・む【溜め込む】🔗🔉

ため‐こ・む【溜め込む】  〘他五〙 熱心にたくわえる。ためてしまいこむ。 「小金を━」

ためし【例し】🔗🔉

ためし【例し】  〘名〙 それより以前にあった事柄。先例。前例。 「ギャンブルで儲かった━がない」

ためし【試し(験し)】🔗🔉

ためし【試し(験し)】  〘名〙 ためすこと。こころみ。 「ものは━だ」 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖試みる‖こころみる

ためし‐ぎり【試し切り・試し斬り】🔗🔉

ためし‐ぎり【試し切り・試し斬り】  〘名〙 刀剣の切れ味をためすために人や物を斬ってみること。

ためし‐に【試しに】🔗🔉

ためし‐に【試しに】  〘副〙 試すために。こころみに。 「━着てみよう」

ため・す【試す】🔗🔉

ため・す【試す】  〘他五〙 ある手段を用いて実際はどうであるかを調べる。 「試験をして実力を━」 「真価[可能性・新車の乗り心地]を━」 「本気かどうかを━・してみる」 表現「試す」は何らかの手段によって対象を調べてみる意であるが、「試みる」は動作の遂行そのものによって結果のなりゆきを確かめてみる意(「検定試験で能力を試す/脱走を試みる」)。 可能試せる [名]試し 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖試みる‖こころみる

明鏡国語辞典 ページ 3809