複数辞典一括検索+

だし‐いれ【出し入れ】🔗🔉

だし‐いれ【出し入れ】  〘名・他サ変〙 出すことと入れること。出したり入れたりすること。 「頻繁ひんぱんに━(を)する書類」 「金銭[車]の━」 関連語 大分類‖移動‖いどう 中分類‖出入はい‖ではいり

だし‐おし・む【出し惜しむ】━ヲシム🔗🔉

だし‐おし・む【出し惜しむ】━ヲシム  〘他五〙 金品などを出すことを惜しむ。出ししぶる。 「わずかの寄付も━」 [名]出し惜しみ

たしか【確か(慥か)】🔗🔉

たしか【確か(慥か)】 ㈠  〘形動〙  ❶ 明白で、間違いのないさま。確実であるさま。 「━に叫び声を聞いた」 「━な数字は不明だ」 ❷ しっかりしていて、信用・信頼がおけるさま。 「腕は━だ」 「━な筋からの情報」 ㈡  〘副〙 断言はできないが、たぶんそうだろうという気持ちを表す。 「━日曜も営業しているはずだ」 「あれは━去年の二月だった」

たしか・める【確かめる】🔗🔉

たしか・める【確かめる】  〘他下一〙 自分で調べたり人に聞いたりして、あいまいな物事をはっきりさせる。確認する。 「相手の住所を━」 「磁石で方位を━」 「真偽を━」 「自分の可能性を━」 「火の元を━」 「この手で触って━」 [文]たしか・む(下二) 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖試みる‖こころみる

だし‐がら【出し殻】🔗🔉

だし‐がら【出し殻】  〘名〙  ❶ 出し汁などを煮出したあとのかす。 ❷ 茶を入れたあとの葉。茶殻。

たし‐ざん【足し算】🔗🔉

たし‐ざん【足し算】  〘名〙 二つ以上の数を加えて、その和を求める計算。加え算。寄せ算。加法。加算。 ⇔引き算

だし‐じる【出し汁】🔗🔉

だし‐じる【出し汁】  〘名〙 鰹節かつおぶし・昆布・煮干しなどを煮出した汁。汁物・煮物などのうま味をますために使う。煮出し汁。だし。

たじ‐たじタヂタヂ🔗🔉

たじ‐たじタヂタヂ  〘副トニ〙 相手に圧倒されて少しずつあとずさりするさま。ひるんでしりごみするさま。 「敵の攻勢に━となる」

明鏡国語辞典 ページ 3721