複数辞典一括検索+

しゅう‐し【愁思】シウ━🔗🔉

しゅう‐し【愁思】シウ━  〘名・自サ変〙 うれい思うこと。かなしい物思い。

しゅう‐じ【修辞】シウ━🔗🔉

しゅう‐じ【修辞】シウ━  〘名〙 ことばを巧みに用いて美しく効果的に表現すること。また、その技術。レトリック。 「━学」 「━法(=修辞に関する法則や修辞の方法)」

しゅう‐じ【習字】シフ━🔗🔉

しゅう‐じ【習字】シフ━  〘名〙 文字を正しく、美しく書くための練習。 「ペン━」 ◇もと小・中学校の国語科の一分野。いまは「書写」といい、硬筆・毛筆によって指導する。

じゅう‐し【重視】ヂュウ━🔗🔉

じゅう‐し【重視】ヂュウ━  〘名・他サ変〙 大事なものとして重くみること。 「面接では適性を━する」 ⇔軽視

じゅう‐し【従姉】🔗🔉

じゅう‐し【従姉】  〘名〙 年長の、女性のいとこ。 ⇔従妹

じゅう‐し【獣脂】ジウ━🔗🔉

じゅう‐し【獣脂】ジウ━  〘名〙 獣類からとった脂肪。

じゆう‐し【自由詩】ジイウ━🔗🔉

じゆう‐し【自由詩】ジイウ━  〘名〙 伝統的な韻律・形式などにとらわれず、自由な発想と形式で作る詩。 ⇔定型詩

じゅう‐じ【十字】ジフ━🔗🔉

じゅう‐じ【十字】ジフ━  〘名〙 漢字の「十」の形。十文字。 「━砲火(=十字に交差して飛び交う砲火)」 「━を切る(=キリスト教徒が神に祈るとき、手で胸もとに十字の形を描く)」

じゅう‐じ【住持】ヂュウヂ🔗🔉

じゅう‐じ【住持】ヂュウヂ  〘名〙 その寺の長である僧。住職。 関連語 大分類‖神仏‖しんぶつ 中分類‖‖そう

じゅう‐じ【従事】🔗🔉

じゅう‐じ【従事】  〘名・自サ変〙 その仕事にたずさわること。 「農業に━する」

ジューシー[juicy]🔗🔉

ジューシー[juicy]  〘形動〙 果汁や水分が多いさま。 「━な果物[ハンバーグ]」

しゅうし‐いっかん【終始一貫】━イックヮン🔗🔉

しゅうし‐いっかん【終始一貫】━イックヮン  〘副〙 始めから終わりまでずっと変わらないさま。 「━反対し続ける」

明鏡国語辞典 ページ 2801