複数辞典一括検索+

じつ‐じ【実字】🔗🔉

じつ‐じ【実字】  〘名〙  ❶ 漢文で、「山」「川」「草」「木」など、実在する具体的な事物を表す文字。 ◇実字・虚字・助字で三分類するときの一つ。 ❷ 漢文で、その文字単独で実質的な意味を表す文字。 ◇実字・虚字(助字)で二分類するときの一つ。

しっ‐しき【湿式】🔗🔉

しっ‐しき【湿式】  〘名〙 溶液・溶剤などの液体を用いて処理する方式。 「━印刷[精練]」 ⇔乾式

しつ‐じつ【質実】🔗🔉

しつ‐じつ【質実】  〘名・形動〙 飾りけがなくて、誠実なこと。 「━な武家」 「━剛健」 派生‐さ

じっ‐しつ【実質】🔗🔉

じっ‐しつ【実質】  〘名〙 実際に備わっている内容・性質。 「外見は立派でも━が伴わない」 「一か月の間があったとはいえ、練習できたのは━(=正味)一週間だった」 関連語 大分類‖内容‖ないよう 中分類‖内容‖ないよう

じっしつ‐ちんぎん【実質賃金】🔗🔉

じっしつ‐ちんぎん【実質賃金】  〘名〙 賃金として支払われる貨幣額で実際に購入できる生活物資の量を考慮に入れた賃金。ふつう名目賃金指数を物価指数で割った実質賃金指数で表す。 ⇔名目賃金

じっしつ‐てき【実質的】🔗🔉

じっしつ‐てき【実質的】  〘形動〙  ❶ 実質が充実しているさま。 「━な贈り物を選ぶ」 ❷ 実質そのものに注目するさま。形式・名目よりも、実質を重視するさま。 「━には年収が減っている」

じっ‐しゃ【実写】🔗🔉

じっ‐しゃ【実写】  〘名・他サ変〙 実際の情景や状況を、映画・写真などに写し取ること。また、その映画・写真など。 「アニメの━版」

じっ‐しゃ【実車】🔗🔉

じっ‐しゃ【実車】  〘名〙 ハイヤー・タクシーなどが客を乗せて走行すること。また、そのタクシー・ハイヤーなど。 「━率」 ⇔空車

じっ‐しゃ【実射】🔗🔉

じっ‐しゃ【実射】  〘名・他サ変〙 銃砲に実弾をこめて発射すること。実弾発射。 「━訓練」

じっ‐しゃかい【実社会】━シャクヮイ🔗🔉

じっ‐しゃかい【実社会】━シャクヮイ  〘名〙 現実の社会。実世間。 「━に飛び込む」 関連語 大分類‖世の中‖よのなか 中分類‖世の中‖よのなか

明鏡国語辞典 ページ 2656