複数辞典一括検索+

し‐こう【私行】━カウ🔗🔉

し‐こう【私行】━カウ  〘名〙 一個人の私生活上の行い。

し‐こう【思考】━カウ🔗🔉

し‐こう【思考】━カウ  〘名・自他サ変〙 直観・経験・知識などをもとに、あれこれと思いめぐらすこと。また、その考え。 「━停止」 「主観的━」 関連語 大分類‖考える‖かんがえる 中分類‖考える‖かんがえる

し‐こう【指向】━カウ🔗🔉

し‐こう【指向】━カウ  〘名・他サ変〙 ある一定の方向をめざして進むこと。また、その方向へ向かわせること。 「市場を東南アジア全域に━する」 「━性アンテナ」 表記→志向

し‐こう【施工】🔗🔉

し‐こう【施工】  〘名・自他サ変〙 →せこう(施工)

し‐こう【施行】━カウ🔗🔉

し‐こう【施行】━カウ  〘名・他サ変〙  ❶ 実際に行うこと。実施。 ❷ 公布された法令の効力を発揮させること。 「条例を━する」 「新法が━される」 「━細則」 ◇「執行」と区別するために官庁などでは「せこう」ということが多い。 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖実行‖じっこう

し‐こう【歯垢】🔗🔉

し‐こう【歯垢】  〘名〙 歯の表面に付く柔らかな堆積たいせき物。プラーク。

し‐こう【嗜好】━カウ🔗🔉

し‐こう【嗜好】━カウ  〘名・他サ変〙 好んで、それに親しむこと。また、好み。 「━が変わる」 「世間の━に投とうじる(=適合させる)」 ◇多く、飲食物についていう。 注意「趣向しゅこうを凝らす(=工夫をめぐらす)」の意で「嗜好を凝らす」というのは誤り。 関連語 大分類‖愛‖あい 中分類‖好き‖すき

し‐こう【試行】━カウ🔗🔉

し‐こう【試行】━カウ  〘名・他サ変〙 ためしにやってみること。 「━期間・━錯誤」 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖実行‖じっこう

し‐こう【詩稿】━カウ🔗🔉

し‐こう【詩稿】━カウ  〘名〙 詩の草稿。詩の下書き。

し‐ごう【師号】━ガウ🔗🔉

し‐ごう【師号】━ガウ  〘名〙 〔文〕朝廷から徳の高い僧に与えられた称号。大師・国師・禅師など。 「━を賜る」

明鏡国語辞典 ページ 2581