複数辞典一括検索+

こん‐れい【婚礼】🔗🔉

こん‐れい【婚礼】  〘名〙 結婚の儀式。結婚式。婚儀。 「━の日取りを決める」 「━の宴うたげを催す」 「━に招かれる」 「━の席に連なる」 「━衣装」

こん‐ろ【焜炉】🔗🔉

こん‐ろ【焜炉】  〘名〙 持ち運びができる、炊事用の加熱器具。 「ガス[電気]━」 ◇もとは、かまどに対して、床に置く鉄製・土製などの小さな炉を言った。七輪しちりんもその一つ。

こん‐わ【混和】🔗🔉

こん‐わ【混和】  〘名・自他サ変〙 まじり合ってよくなじむこと。また、よくまぜ合わせること。 「溶けた金属が━する」

こん‐わ【懇話】🔗🔉

こん‐わ【懇話】  〘名・自サ変〙 互いに打ち解けて話し合うこと。また、その話。懇談。 「━会」

こん‐わく【困惑】🔗🔉

こん‐わく【困惑】  〘名・自サ変〙 どうしたらよいかわからなくて、こまること。 「出馬を要請されて━する」 関連語 大分類‖不快な心の状態‖ふかいなこころのじょうたい 中分類‖困る‖こまる

早引きさ🔗🔉

早引きささ(終助)さ(接頭)早・小さ(接尾)

さ【左】🔗🔉

さ【左】 ㈠  〘名〙 縦書きの文章でその左の方。 「細則は━のとおり」 ㈡  (造)  ❶ ひだり。ひだりがわ。 「━腕・━折」 ❷ 革新的な立場・傾向。 「━傾・━翼」 ❸ 地位の低い方。 「━遷」 ◇古代中国で右を尊んだことから。 ❹ 支えとなるもの。 「証━」 ◆㊁①②⇔

さ【差】🔗🔉

さ【差】 ㈠  〘名〙  ❶ へだたり。違い。 「性格の━」 「性━・個人━・格━・時━」 ❷ ある数からある数を引いた残りの数。 「━を求める」 「一点━」 「━額」 ⇔ ㈡  (造) つかわす。人を向ける。 「━配」 関連語 大分類‖数‖かず 中分類‖‖さ

明鏡国語辞典 ページ 2313