複数辞典一括検索+

こころ‐ばかり【心許り】🔗🔉

こころ‐ばかり【心許り】  〘名〙 気持ちのほんの一部だけを表したものであること。 「━の品」 ◇贈り物などをするとき謙遜けんそんしていう語。副詞的にも使う。

こころ‐ばせ【心馳せ】🔗🔉

こころ‐ばせ【心馳せ】  〘名〙  ❶ よく心を働かせること。心くばり。 ❷ 気だて。性格。心ばえ。

こころ‐ひそかに【心密かに】🔗🔉

こころ‐ひそかに【心密かに】  〘副〙 心の中でこっそりと思うさま。 「━思いを寄せる」

こころ‐ぼそ・い【心細い】🔗🔉

こころ‐ぼそ・い【心細い】  〘形〙 頼るものがなくて不安に思うさま。 「一人で出かけるのは━」 ⇔心強い 派生‐げ/‐さ/‐が・る

こころ‐まかせ【心任せ】🔗🔉

こころ‐まかせ【心任せ】  〘名〙 思いのままに物事をすること。 「━の一人旅」

こころ‐まさり【心勝り】🔗🔉

こころ‐まさり【心勝り】  〘名〙 思ったよりもすぐれていると感じること。 ⇔心劣り

こころ‐まち【心待ち】🔗🔉

こころ‐まち【心待ち】  〘名・他サ変〙 心の中でひそかに待ち望むこと。 「吉報を━にする」 関連語 大分類‖願望‖がんぼう 中分類‖望み‖のぞみ

こころ‐み【試み】🔗🔉

こころ‐み【試み】  〘名〙 試しにやってみること。また、その事柄。 「初めての━」 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖試みる‖こころみる

こころみ‐に【試みに】🔗🔉

こころみ‐に【試みに】  〘副〙 具合や結果を見るためにちょっと行うさま。ためしに。 「━新しい手法を使った」

こころ・みる【試みる】🔗🔉

こころ・みる【試みる】  〘他上一〙 どんな結果になるか分からないが、(いい結果をめざして)とにかくやってみる。試しにやってみる。 「脱出を━」 「誤解を解こうと━」 「いろいろな方法で実験を━」 ◇「心を見る」の意。 表現「実力を試ためす/盗塁を試みる」のように、「試す」は調べて知ることに、「試みる」は実際にやってみることに重点がある。 注意「心みる」と書くのは誤り。 [名]試み 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖試みる‖こころみる

明鏡国語辞典 ページ 2174