複数辞典一括検索+

こう‐とう【皇統】クヮウ━🔗🔉

こう‐とう【皇統】クヮウ━  〘名〙 天皇の血筋。 「━譜」

こう‐とう【紅灯】🔗🔉

こう‐とう【紅灯】  〘名〙  ❶ 赤いともしび。 「━の巷ちまた(=花柳界。また、歓楽街)」 ❷ 赤い提灯ちょうちん

こう‐とう【高踏】カウタフ🔗🔉

こう‐とう【高踏】カウタフ  〘名〙 世俗を超越し、自らを高潔に保つこと。 「━的」 「━派(=一九世紀後半のフランスに起こった、客観的な描写と形式上の技巧を重んじた詩人の一派)」

こう‐とう【高騰(昂騰)】カウ━🔗🔉

こう‐とう【高騰(昂騰)】カウ━  〘名・自サ変〙 価格が著しく上がること。騰貴。 「地価が━する」 ⇔低落

こう‐とう【喉頭】🔗🔉

こう‐とう【喉頭】  〘名〙 気道の一部。上は咽頭いんとうに、下は気管に連なる部分。六個の軟骨に囲まれ、中央に声帯がある。 「━癌がん

こう‐とう【荒唐】クヮウタウ🔗🔉

こう‐とう【荒唐】クヮウタウ  〘形動〙 言説に根拠がなく、とりとめがないさま。 「━無稽むけい

こう‐とう【高等】カウ━🔗🔉

こう‐とう【高等】カウ━  〘形動〙 等級・品位・知能などの程度が高いさま。 「━な技術を使う」 ⇔下等

こう‐どう【公道】━ダウ🔗🔉

こう‐どう【公道】━ダウ  〘名〙  ❶ 常に正しいとされる道。おおやけの道理。 ❷ 国や地方公共団体が建設し、管理・維持する道路。 ⇔私道

こう‐どう【行動】カウ━🔗🔉

こう‐どう【行動】カウ━  〘名・自サ変〙 実際に体を動かして何かを行うこと。 「━に移す」 「自由━」 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖行い‖おこない

こう‐どう【坑道】カウダウ🔗🔉

こう‐どう【坑道】カウダウ  〘名〙 地下につくった通路。特に、炭鉱や鉱山の坑内につくった通路。

こう‐どう【香道】カウダウ🔗🔉

こう‐どう【香道】カウダウ  〘名〙 香木をたいて、その香りを楽しむ芸道。香合わせ・薫き物合わせなどがある。

こう‐どう【高堂】カウダウ🔗🔉

こう‐どう【高堂】カウダウ  〘名〙 〔文〕高く構えた、りっぱな家。また、他人の家または家人を高めていう語。

こう‐どう【黄道】クヮウダウ🔗🔉

こう‐どう【黄道】クヮウダウ  〘名〙  ❶ 地球から見て、天球上を太陽が一年かかって運行する軌道。 ❷ 「黄道吉日きちにち」の略。→黄道吉日

明鏡国語辞典 ページ 2093