複数辞典一括検索+

こう‐ざ【口座】🔗🔉

こう‐ざ【口座】  〘名〙  ❶ 簿記で、資産・負債の増減や損益の発生などを項目別に書き入れる所。 ❷ 預金者・加入者などの名義を記載して金銭の出し入れを管理する帳簿。 「━を開く」 ◇「預金口座」「振替口座」の略。

こう‐ざ【高座】カウ━🔗🔉

こう‐ざ【高座】カウ━  〘名〙 寄席で、落語などを演じるために客席よりも一段高く設けた席。 「━にのぼる」

こう‐ざ【講座】カウ━🔗🔉

こう‐ざ【講座】カウ━  〘名〙  ❶ 大学で、学科ごとに教授・准教授・講師などを配した研究・教育のための組織。また、それに基づいて行われる講義。 ❷ ①をまねて体系的に編成された講習会・放送番組・出版物。 「韓国語━」 関連語 大分類‖話す‖はなす 中分類‖語り‖かたり

こう‐さい【公債】🔗🔉

こう‐さい【公債】  〘名〙 国や地方公共団体が債券を発行して負う金銭の債務。また、その債券。国債・地方債など。

こう‐さい【交際】カウ━🔗🔉

こう‐さい【交際】カウ━  〘名・自サ変〙 人とつきあうこと。 「卒業後も━が続いている友」 「彼には━している女性がいる」 「━が広い」 「━費」 関連語 大分類‖会う‖あう 中分類‖交わる‖まじわる

こう‐さい【光彩】クヮウ━🔗🔉

こう‐さい【光彩】クヮウ━  〘名〙  ❶ あざやかに輝く美しい光。 「━陸離りくりたる紅玉の輝き」 ❷ きわだって現れる才能や美しさ。 「ひときわ━を放つ逸材」 関連語 大分類‖光と影‖ひかりとかげ 中分類‖‖ひかり

こう‐さい【虹彩】🔗🔉

こう‐さい【虹彩】  〘名〙 眼球の瞳孔どうこうを取り巻く環状の膜。伸縮して眼球内に入る光の量を調節する。

こう‐さい【香菜】🔗🔉

こう‐さい【香菜】  〘名〙 →シャンツァイ

こう‐さい【高裁】カウ━🔗🔉

こう‐さい【高裁】カウ━  〘名〙 「高等裁判所」の略。→高等裁判所

こう‐さい【鉱滓】クヮウ━🔗🔉

こう‐さい【鉱滓】クヮウ━  〘名〙 金属を精錬するときに出る非金属を主成分とするかす。スラグ。 ◇「こうし」の慣用読み。

明鏡国語辞典 ページ 2054