複数辞典一括検索+

こうこつ‐もじ【甲骨文字】カフコツ━🔗🔉

こうこつ‐もじ【甲骨文字】カフコツ━  〘名〙 亀甲きっこうや獣骨に刻まれた中国古代の文字。現在、漢字の最古の形を示す。甲骨文。 ◇殷墟いんきょから多数発掘されたので殷墟文字ともいう。

こうご‐ぶん【口語文】🔗🔉

こうご‐ぶん【口語文】  〘名〙 →「口語」の用例文語文

こう‐こん【黄昏】クヮウ━🔗🔉

こう‐こん【黄昏】クヮウ━  〘名〙 夕暮れ。たそがれ。

ごう‐コン【合コン】ガフ━🔗🔉

ごう‐コン【合コン】ガフ━  〘名〙 〔俗〕二つ以上のグループが合同で行うコンパ。 ◇「合同コンパ」の略。

こう‐さ【公差】🔗🔉

こう‐さ【公差】  〘名〙  ❶ 等差数列で、隣り合う二項の間の差。 ❷ 度量衡器の標準値と実際値の間で、法律で有効と認定される誤差の範囲。 ❸ 機械加工の工作物で、許容される誤差の最大寸法と最小寸法の差。 関連語 大分類‖数‖かず 中分類‖‖さ

こう‐さ【交差(交叉)】カウ━🔗🔉

こう‐さ【交差(交叉)】カウ━  〘名・自サ変〙 二つ以上の線状のものが一点で十文字または筋かいに交わること。 「襷たすきを背中で━させる」 「立体━」 表記「交差」は代用表記。 語法「腕を交差する」など他動詞の用法も見られるが、「腕が交差する」「腕を交差させる」など自動詞の用法が標準的。

こう‐さ【考査】カウ━🔗🔉

こう‐さ【考査】カウ━  〘名・他サ変〙  ❶ 調べて評価すること。考課。 「人物━」 ❷ 学校で、試験などをして生徒の学力を調べること。また、その試験。 「期末━」 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖試みる‖こころみる

こう‐さ【黄砂】クヮウ━🔗🔉

こう‐さ【黄砂】クヮウ━  〘名〙  ❶ 黄色い砂。 ❷ 中国北西部で、強風に吹き上げられた黄色い砂塵が空をおおい、風に運ばれながら徐々に降下する現象。三〜五月に多く、しばしば日本にも及ぶ。

明鏡国語辞典 ページ 2053