複数辞典一括検索+

こう‐きょう【交響】カウキャウ🔗🔉

こう‐きょう【交響】カウキャウ  〘名・自サ変〙 互いに響き合うこと。 「━楽団(=交響曲を演奏する大編成の管弦楽団)」

こう‐きょう【好況】カウキャウ🔗🔉

こう‐きょう【好況】カウキャウ  〘名〙 景気のよいこと。好景気。 ⇔不況

こう‐きょう【高教】カウケウ🔗🔉

こう‐きょう【高教】カウケウ  〘名〙 教えをいう尊敬語。 「御━を賜りたく存じます」 ◇立派な教えの意。

こう‐ぎょう【工業】━ゲフ🔗🔉

こう‐ぎょう【工業】━ゲフ  〘名〙 原料を加工して生活に必要な製品を作る産業。第二次産業に属する。 「化学━」 「━地帯」

こう‐ぎょう【功業】━ゲフ🔗🔉

こう‐ぎょう【功業】━ゲフ  〘名〙 功績。また、功績をあげた事業。

こう‐ぎょう【鉱業(礦業)】クヮウゲフ🔗🔉

こう‐ぎょう【鉱業(礦業)】クヮウゲフ  〘名〙 鉱物の採掘・精錬・精製などを行う産業。 「━権(=一定の鉱区で鉱物を採掘・取得する権利)」

こう‐ぎょう【興行】━ギャウ🔗🔉

こう‐ぎょう【興行】━ギャウ  〘名・他サ変〙 観客を集めて入場料を取り、映画・演劇・音曲・スポーツなどを視聴させること。また、その催し物。 「地方を回って━する」 「顔見世━」 「━師・━権」 関連語 大分類‖芸能‖げいのう 中分類‖興行‖こうぎょう 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖実行‖じっこう

こう‐ぎょう【興業】━ゲフ🔗🔉

こう‐ぎょう【興業】━ゲフ  〘名〙 事業や産業を新しくおこすこと。また、それを盛んにすること。 「殖産━」

こう‐きょういく【公教育】━ケウイク🔗🔉

こう‐きょういく【公教育】━ケウイク  〘名〙 公的性格をもつ教育。かつては国および地方公共団体によって管理・運営される国公立学校の教育を指したが、現在では公共性をもち、公的な規制を受ける私立学校・各種学校の教育や社会教育も含めていう。

こう‐きょうかい【公教会】━ケウクヮイ🔗🔉

こう‐きょうかい【公教会】━ケウクヮイ  〘名〙 ローマカトリック教会。天主公教会。 ◇Catholic Church の正式な邦訳として明治・大正時代に使われた。

こうきょう‐がく【交響楽】カウキャウ━🔗🔉

こうきょう‐がく【交響楽】カウキャウ━  〘名〙 交響曲・交響詩など、管弦楽のための音楽の総称。

こうきょう‐きぎょうたい【公共企業体】━キゲフタイ🔗🔉

こうきょう‐きぎょうたい【公共企業体】━キゲフタイ  〘名〙 公共の利益のために、国または地方公共団体が出資・監督する企業体。 ◇もと、民営化前の日本国有鉄道・日本専売公社・日本電信電話公社(=三公社)を指した。

明鏡国語辞典 ページ 2042