複数辞典一括検索+

きり‐さめ【霧雨】🔗🔉

きり‐さめ【霧雨】  〘名〙 霧のように細かく降る雨。ぬか雨。きりあめ。 「━に煙る街」 関連語 大分類‖雨‖あめ 中分類‖‖あめ

ギリシア‐しんわ【ギリシア神話】🔗🔉

ギリシア‐しんわ【ギリシア神話】  〘名〙 古代ギリシア民族が伝承した神話・伝説の総称。天地創造、主神ゼウスとオリンポスの神々の神話、ヘラクレス・オデュッセウスの英雄伝説などからなる。

ギリシア‐もじ【ギリシア文字】🔗🔉

ギリシア‐もじ【ギリシア文字】  〘名〙 ギリシア語を書き表すのに用いられる表音文字。普通は二四字。

キリシタン[Christão ポルトガル]🔗🔉

キリシタン[Christão ポルトガル]  〘名〙 キリスト教、またその信徒。天主教。耶蘇やそ教。 「━バテレン(=キリシタンの神父の敬称)」 「隠れ━」 ◇天文一八(一五四九)年、日本にローマカトリック教が伝えられて以来、明治時代まで使われた語。 表記「吉利支丹」、のち「切支丹」などと当てた。

きり‐じに【切り死に・斬り死に】🔗🔉

きり‐じに【切り死に・斬り死に】  〘名・自サ変〙 切り合って死ぬこと。 「合戦で━する」

きり‐すて【切り捨て】🔗🔉

きり‐すて【切り捨て】  〘名〙  ❶ 不要なものとして見捨てること。 「高齢者福祉の━」 ❷ 計算上、ある位より下の端数をないものとして除くこと。 ⇔切り上げ ❸ 人を切って、そのまま打ち捨てておくこと。 表記③は「斬り捨て」とも。

きりすて‐ごめん【切り捨て御免・斬り捨て御免】🔗🔉

きりすて‐ごめん【切り捨て御免・斬り捨て御免】  〘名〙 武士の特権として、無礼を働いた町民・農民などを殺しても罰せられなかったこと。 ◇力を持つものが無理を通す意にも使う。「━の政治は願い下げだ」

きり‐す・てる【切り捨てる】🔗🔉

きり‐す・てる【切り捨てる】  〘他下一〙  ❶ 不要な部分を切りとって捨てる。 「魚の頭を━」 ❷ 不要なものとして見捨てる。 「弱者を━」 ❸ 計算で、ある位より下の端数をないものとして除く。 「小数点以下を━」 ⇔切り上げる ❹ 人を切って、そのまま打ち捨てておく。 表記④は「斬り捨てる」とも。 [文]きりす・つ(下二) [名]切り捨て

明鏡国語辞典 ページ 1659