複数辞典一括検索+

きょうじょう‐しゅぎ【教条主義】ケウデウ━🔗🔉

きょうじょう‐しゅぎ【教条主義】ケウデウ━  〘名〙 特定の教義・思想を絶対的なものとし、現実を無視しても機械的に適用しようとする立場。ドグマチズム。 ◇特にマルクス主義を絶対視する公式主義をいう。

きょう‐しょく【教職】ケウ━🔗🔉

きょう‐しょく【教職】ケウ━  〘名〙 学校で、児童・生徒・学生を教育指導する職務。 「━に就く」

きょう‐しょく【矯飾】ケウ━🔗🔉

きょう‐しょく【矯飾】ケウ━  〘名・他サ変〙 とりつくろって、うわべをかざること。 「━して語る」

きょうしょく‐いん【教職員】ケウショクヰン🔗🔉

きょうしょく‐いん【教職員】ケウショクヰン  〘名〙 教員および教育関係の事務を行う職員。

きょう・じる【興じる】🔗🔉

きょう・じる【興じる】  〘自他上一〙 おもしろがって、楽しむ。 「トランプに━」 「笑い━」 =興ずる 関連語 大分類‖快い感情‖こころよいかんじょう 中分類‖楽しい‖たのしい

きょう‐しん【共振】🔗🔉

きょう‐しん【共振】  〘名・自サ変〙 振動体にその固有振動数と等しい振動を加えたとき、振動の幅がさらに大きくなること。また、その現象。特に電気的振動・機械的振動でいい、音などの場合は共鳴という。

きょう‐しん【狂信】キャウ━🔗🔉

きょう‐しん【狂信】キャウ━  〘名・他サ変〙 理性を失い、一つのことをはげしく信じ込むこと。 「ファシズムを━する」

きょう‐しん【強震】キャウ━🔗🔉

きょう‐しん【強震】キャウ━  〘名〙  ❶ 強い地震動。強震動。 「━計」 ❷ 気象庁の旧震度階級(八階級)の一つで、震度五に当たるもの。

きょう‐じん【凶刃(兇刃)】🔗🔉

きょう‐じん【凶刃(兇刃)】  〘名〙 人を殺傷するのに用いる刃物。 「暴徒の━に倒れる」

きょう‐じん【狂人】キャウ━🔗🔉

きょう‐じん【狂人】キャウ━  〘名〙 精神に異常をきたした人。狂者。

きょう‐じん【強靱】キャウ━🔗🔉

きょう‐じん【強靱】キャウ━  〘名・形動〙 しなやかで強いこと。 「━な体[意志・精神力]」 派生‐さ

きょうしん‐かい【共進会】━クヮイ🔗🔉

きょうしん‐かい【共進会】━クヮイ  〘名〙 産業を振興するために広く産物や製品を集めて展示し、その優劣を審査する会。競進会。 ◇明治初期から各地で開催された。

明鏡国語辞典 ページ 1609