複数辞典一括検索+

きょう‐こう【凶行(兇行)】━カウ🔗🔉

きょう‐こう【凶行(兇行)】━カウ  〘名〙 人を殺傷するなどの凶悪な行為。 関連語 大分類‖良くない行い‖よくないおこない 中分類‖悪事‖あくじ

きょう‐こう【凶荒】━クヮウ🔗🔉

きょう‐こう【凶荒】━クヮウ  〘名〙 農作物の実りがきわめて悪いこと。凶作。

きょう‐こう【恐慌】━クヮウ🔗🔉

きょう‐こう【恐慌】━クヮウ  〘名〙  ❶ 恐れあわてること。 「━をきたす」 ❷ 資本主義の景気循環で、好況から極端な不況に陥るときなどに起こる経済の大混乱。生産過剰による物価の暴落、株価の暴落、銀行の取り付け、会社の倒産、失業者の増大などが一挙に発生する。パニック。 「金融━」 関連語 大分類‖不快な心の状態‖ふかいなこころのじょうたい 中分類‖恐れ‖おそれ

きょう‐こう【恐惶】━クヮウ🔗🔉

きょう‐こう【恐惶】━クヮウ  〘名〙  ❶ 恐れかしこまること。 「━の態ていで平伏する」 ❷ 改まった手紙文の末尾に記し、相手に敬意を表す語。 「━謹言・━敬白」

きょう‐こう【胸腔】━カウ🔗🔉

きょう‐こう【胸腔】━カウ  〘名〙 肺臓・心臓などをおさめる、胸郭の内側の部分。 ◇医学では「きょうくう」という。

きょう‐こう【強行】キャウカウ🔗🔉

きょう‐こう【強行】キャウカウ  〘名・他サ変〙 反対や障害を押しきって、強引に行うこと。 「悪天候の中で試合を━する」 「━突破[採決]」 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖実行‖じっこう

きょう‐こう【強攻】キャウ━🔗🔉

きょう‐こう【強攻】キャウ━  〘名・他サ変〙 無理を承知で、強引に攻めること。 「━策をとる」

きょう‐こう【強硬】キャウカウ🔗🔉

きょう‐こう【強硬】キャウカウ  〘名・形動〙 自分の意見などを強く主張してゆずらないこと。 「━に反対する」 「━な態度を崩さない」

きょう‐こう【教皇】ケウクヮウ🔗🔉

きょう‐こう【教皇】ケウクヮウ  〘名〙 ローマカトリック教会の最高位の聖職。法王。ポープ。 「━庁・━領」

きょう‐ごう【校合(挍合)】ケウガフ🔗🔉

きょう‐ごう【校合(挍合)】ケウガフ  〘名・他サ変〙 写本・刊本などを基準となる本と照らし合わせて異同を確かめること。こうごう。

明鏡国語辞典 ページ 1600