複数辞典一括検索+

騎虎の勢い🔗🔉

騎虎の勢いとらの背に乗って走る者が途中でおりられないように、行きがかり上途中でやめることができなくなること。 「もはや━だ。最後まで頑張ろう」

き‐ご【季語】🔗🔉

き‐ご【季語】  〘名〙 俳句・連歌で、季節を表すために詠み込むことを定められたことば。季題。 「━集」

き‐ご【綺語】🔗🔉

き‐ご【綺語】  〘名〙  ❶ 仏教で、十悪の一つ。真実に反してうわべだけを飾ったことば。 ❷ 美しく飾ったことば。 「狂言━」 ◇多く、小説や詩文の美辞麗句をいう。 ◆「きぎょ」とも。

ぎ‐こ【擬古】🔗🔉

ぎ‐こ【擬古】  〘名〙 昔の風習や様式をまねること。 「━文(=古体、特に平安時代の文体にならって書いた文章)」

き‐こう【気孔】🔗🔉

き‐こう【気孔】  〘名〙 植物の表皮、特に葉の裏側にある小さな穴。酸素・炭酸ガス・水蒸気の通路となる。

き‐こう【気功】🔗🔉

き‐こう【気功】  〘名〙 深呼吸・体操などの鍛錬法によって体内の気と血を循環させ、病気の予防や健康増進をはかる、中国古来の健康法。

き‐こう【気候】🔗🔉

き‐こう【気候】  〘名〙 一定の地域の晴雨・気温・湿度・降水量などを総合した大気の状態。 「温暖な━」 「海洋性━」 ◇一年を周期としてくり返される長期の気象状態をいい、短い期間には普通「天候」を使う。

き‐こう【覯(希覯)】🔗🔉

き‐こう【覯(希覯)】  〘名〙 めったに見られないこと。 「━本ぼん(=まれにしか手に入らない珍しい書物)」

き‐こう【奇功】🔗🔉

き‐こう【奇功】  〘名〙 〔文〕思いがけない功績。

き‐こう【奇行】━カウ🔗🔉

き‐こう【奇行】━カウ  〘名〙 きわめて風変わりなふるまい。 「━を演じる」 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖行い‖おこない

明鏡国語辞典 ページ 1460