複数辞典一括検索+

する【為る】🔗🔉

する【為る】  〘動サ変〙 〔命令形は「しろ」「せよ」〕 ㈠  〘自〙  ❶ ある現象が起こる。 「稲光[雨漏り]が━」 「深々と底冷えが━」 「むんむんと人いきれが━」 ㋐ 感覚器官を通して音・味・香りなどが感じられる。 「背後で物音が━」 「レモンのような味が━」 「羽根のような手触りが━」 ㋑ 体に異常を感じる。 「頭痛[めまい・息切れ・耳鳴り・吐き気]が━」 ㋒ 心にある気持ちや感じなどをもつ。そのような心持ちが起こる。 「寂しい思いが━」 「追われているような気[感じ]が━」 「気後れ[胸騒ぎ]が━」 語法「気後れする」など、「が」を言わない形でも使う。 ❷ 《状態性名詞+「がする」または「のした…」の形で》そういう性状・性質をもっている。 「体力的には見劣りが━」 「間延びのた声」 「世間擦れのた考え方」 「日焼けのた顔」 語法「見劣りする」「日焼けした…」など、「が」「の」を言わない形でも使う。 ❸ 《金額を表す語に付いて》その値段である。 「この時計は十万円もた」 「その本いくらた?」 「いくらもない(=安い)」 「一円もない(=無料だ)」 ❹ 《時間を表す語に付いて》時が経過する。たつ。 「五分もすれば着くでしょう」 「しばらくてから行く」 ❺ 《情態副詞+「とする」、トタル型形容動詞の連用形+「する」の形で》そういう様態的性質をもった現象・感覚が現れる。また、そういう様態的性質をもっている。 「注射器が腕にちくりとた」 「体格はがっしりとている」 「ぼんやりとた不安が私を襲う」 「杳ようて行方が知れない」 語法「がっしりしている」など、「と」を言わない形でも使う。 ❻ 《様態を表す形容詞・形容動詞の連用形、「こう」「そう」など、副詞句に直接付いて》そのような行動や態度をとる。 「静かにしろ」 「人に優しく━」 「彼女とは常日ごろ親しくている」 「言われたとおりに━」 「こうすればいいでしょう」 ❼ 《「…とする」の形で》 ㋐ 仮定の内容を受けて、ひとまずそう考えておく。…と仮定する。 「かりに宝くじに当たったとてみよう」 「ある政党が過半数をとったと━」 ㋑ 意見や判断を受けて、そういう考えがあることを示す。…と見なす。 「即座に協力すべきだと━意見が多数を占める」 「気象庁では津波の心配はないとています」 ◇報道などで多用される言い方。 表現その見解や判断に自分は関与しないことを表し、「とりあえずの判断である」というニュアンスや、責任を回避している印象も与える。自分の意見や判断を示す場合は、「…と考える[見なす・判断する・主張する]」など主体的な表現を使う。 ㈡  〘他〙  ❶ 自分の意志である動作・行為を行う。また、無意識のうちにある動作・行為を行う。 「勉強[早起き・連絡・協力・けんか]を━」 「困ったことをてくれるわい」 「よそ見[うっかりミス]を━」 「苦労をて作曲したオペラです」 表現「する」の尊敬語には「なさる」、謙譲語には「仕つかまつる」、丁重語には「致す」などがある。 ❷ 体にある現象が生じる。特に、病気など好ましくない現象が生じる。 「呼吸[咳せき・おなら・病気・突き指]を━」 語法①②には、「勉強する」「呼吸する」など、「を」を言わない言い方をするものも多い。 ❸ ある役割を務める。 「教師[パン屋]をている」 「一年前は町内会長をていた」 「司会[受付]を━」 ❹ ある物を身につける。 「右手に包帯を━」 「ネクタイ[指輪・手袋・眼鏡]を━」 「覆面を━」 「付けまつげを━」 「首輪をた犬」 ❺ 《連体修飾語+名詞+「をして…」または「をした…」の形で》そのような性質・形状・状態である。 「彼は長い髪をている」 「苦虫をかみつぶしたような顔をている」 「がっしりした体格をた人」 「複雑な構造をた機械」 「丸い形をた屋根」 語法〜ヲに状態性の複合名詞をとる言い方もある(仏頂面をしている)。 ❻ 《「AをBに━」などの形で》あるものを別のものや別の状態に変える。 「鉄鉱石を鋼はがねに━」 「誘拐事件を小説に━」 「部屋をきれいに━」 「台所を使いやすく━」 「身を粉て働く」 ❼ 《多く「AをBに━」の形で》人をある職業や地位につける。 「子供を医者に━」 「腹心の部下を重役に━」 ❽ 《多く「AをBに━」の形で》あるものをある用にあてる。特に、他の代用として役立てる。 「土地を担保に━」 「木刀を杖つえに━」 「ひざを枕まくらに━」 「かき集めた一億円を身代金と━」 ❾ 《「AをB に/と━」の形で》あるものをそのような価値や資格をもったものとして扱う。 「写真を趣味 に/と━」 「先輩を目標 に/と━」 「遠足を楽しみに━」 「よくも人をばかにたな」 「受賞を大いなる喜びと━」 ❿ 《「AをB と/に━」の形で》判断・選択してそれと決める。 「上位三名を同格 と/に━」 「試合は中止 と/に━」 「贈り物は花束に━」 「昼飯をウナギに━」 ⓫ 《「…とされる」の形で》→される㊂ ㈢  〘補動〙  ❶ 《動詞連用形に助詞「は」「も」「や」「さえ」「こそ」などを添えた形に付いて》その動詞の(否定の)意味をとりたてたり強めたりする。 「英語が話せは━がうまくはない」 「読みもないで批評はするな」 「さぼったことなど分かりやないさ」 「心配こそすれ忘れたことなど一度もない」 ❷ 《「たりする」「などする」の形で》他に同類があることを暗示しながら、動作・状態を例示するのをまとめあげる。 「泣いたり笑ったりて暮らす」 「すねたり(など)て悪い子ね」 ❸ 《「〜方かたをする」の形で》その方法・しかたで物事を行う。また、迷惑や被害がそうしたしかたで起こる。 「高圧的な口の利き方を━」 「むごい殺され方をたもんだ」 ❹ 《「お[ご]…する」の形で、間に動詞連用形やサ変動詞語幹が入って》謙譲 Aに…する、A(の事物)を…するという動作について、Aを高める。 「明日先生にお会います」 「山田さんをご案内━」 「御社のますますのご発展をお祈ります」 「またのご来店をお待ちております」 「こちらからご連絡ましょうか」 →お(御)②㋑ご(御)②㋑ ◇「お[ご]…される」は「される」を参照。→「される」の注意 語法近年、「(私は)会社をお休みします」など、動作の及ぶ人物のない、美化語的な用法も見られる。 表現より敬意の度合いの高い言い方に「お[ご]…申し上げる」がある。 注意 ⑴ 謙譲表現は自分側の動作について言うものなので、尊敬表現として他人の動作について使うのは誤り。「× 先生が君にお会いしたいそうだ( お会いになりたいそうだ)」「× ご利用するサービスをお選びください( ご利用になるサービス)」「× 明日までに弊社にご連絡してください( ご連絡ください)」 ⑵ 自分側の動作であっても、他人に及ばないものについて使うのは誤り。「× 私は一週間ほどご旅行します」 ◆以下のような形でも使う(それぞれの項目を参照)。→…うとする(助動詞「う」④)…まいとする(助動詞「まい」③)…ようにする(助動詞「ようだ」⑦)ことにするとするととすればとしたらとしてとしてもとしたことがにしろにせよにしてにしてはにしてもにしたってをして ㈣ 《名詞、動詞・形容詞の連用形、副詞などに付いてサ変複合動詞を作る》それぞれの語幹に動作・状態などの意を添える。 「愛━・涙━・キック━・取引━・びっくり━・ひんやり━」 語法「信ずる」「感ずる」「応ずる」「重んずる」など、語幹が漢字一字からなるものには「〜ずる」となるものも多い。これらは近年「信じる」「感じる」「応じる」「重んじる」のように下一段化して使う傾向が強い。また、「愛する」「訳する」「略する」などは、他に「愛す」「訳す」「略す」があり、これらは口語では五段化する。 [文](サ変) 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖する‖する 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖行い‖おこない 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖実行‖じっこう 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖遂行‖すいこう

な・る【成る(為る)】🔗🔉

な・る【成る(為る)】  〘動五〙 〔「なす」の自動詞形で、人為的ではなく、自然のなりゆきで推移変化して別の状態が現れる意〕 ㈠  〘自〙  ❶ ある物事・事柄ができあがる。成立する。実現する。 「為せば成る」 「ローマは一日にして━・らず」 「功━・り名遂ぐ」 「悲願の優勝が━」 「駅前店、新装━!」 ❷ 《「…から━」の形で》あるものがいくつかの要素からできている。組み立てられる。構成される。成り立つ。 「水は酸素と水素から━」 「国会は衆議院と参議院から━・っている」 ❸ 《多く「…の手に━」の形で》その人の仕事によって作られた。…の制作・製作にかかる。 「この詩は李白の手に━ものだ」 「巨匠の筆に━名品」 ❹ 《「…に━」「…と━」「〜く━」などの形で》変化して別の事物に至る。また、ある経過をたどった結果としてある事物が生じる。 「大人に━」 「教師から画家に━」 「夫婦に━」 「保証人に━」 「水が湯に━」 「苦労が水の泡に━」 「おたまじゃくしがカエルに━」 「病気に━」 「財産が灰に━」 「食物がやがて血と━・り肉と━」 「センター前の当たりがヒットに━」 「予定が変更に━」 「私の身に━・って考えてくれ」 「騒然と━」 「明るく━」 「暑く━」 「好きに━」 「しんみりと━」 「厳しい顔に━」 語法 ⑴ 「〜に」は、おおむね「〜と」と置き換えることができる。「〜に」は変化の到着先という趣が、「〜と」は結果物をそれと指定するという趣が強い。また、「〜と」のほうが、やや表現が古く硬い感じがある。 ⑵ 自分自身の変化を表す場合には、意図的な行為を表すこともある。「僕は医者に━ぞ!」 ❺ 時間が経過して、ある時期・時刻、天候などに移る。 「早く春に━・らないかなあ」 「合否は明日に━と分かる」 「約束の時間に━・っても来ない」 「明日は雨に━・りそうだ」 ❻ 順当に考えると、それに相当する。…に当たる。…だ。 ㋐ ある要件を満たしたために、一定の罰則が適用される。 「痴漢は犯罪に━・ります」 ㋑ 他の何ものでもなく、これに違いないことを示す。 「この子は次男に━・ります」 語法⑥は現在の状態を表す。年齢を聞かれて、「来月で六〇歳になります」と答えるのは、来月に達する年齢を表す⑨の用法。現在の年を「もう六〇歳になります」と答えるのは、⑥㋑の用法。「あなたにどう見えるか知らないが、実は」といったニュアンスを伴う。 表現「〔客の注文した品を出すときに〕こちらきつねうどんになります」のように、「…になります」が用いられることがある。⑥の「…になります」は、他の可能性も考えられる場面で、一つに絞られることを表すもので、きつねうどんを注文した客にきつねうどんを出すような、他の可能性が考えにくい場合には不自然になる。 ❼ あるものが一定の重要な役割を果たす。 「この情報は捜査の参考に━」 「兄の活躍は僕の励みに━」 「そばにいるだけで頼りに━」 「抑止力に━」 「ごまをすっても何の足しにも━・らない」 ❽ 《「…に━」「…と━」の形で》物事がそのように決まる。 「集合場所は新宿駅に━・った」 「振り駒によって田中君が先手と━」 ❾ ある数量に達する。 「出費は合計して五万円に━」 「来年で六〇歳に━」 ❿ それにふさわしい価値が成立する。 「この光景は絵に━」 「相手が彼では試合に━・らない」 「てんで話に━・らない」 「一方的に謝罪するだけでは様さまに━・らない(=格好がつかない)」 ⓫ 《「…に(お)世話に━」「…に(ご)馳走に━」の形で》他からその恩恵を受ける。…してもらう。 「彼女にはいろいろとお世話に━・りました」 「先輩にご馳走ちそうに━」 ⓬ 《「横に━」の形で》体を横たえる。体を横にする。 「ごろりとソファーに横に━」 「ひじを枕に畳の上に横に━」 ⓭ 《「気に━」の形で》心配になる。気にかかる。 「母の病気が気に━」 ⓮ 将棋で、王将・金将以外の駒こまが敵陣に入って裏返され、飛車・角は金将+銀将の働きを併せ持ち、他の駒は金将と同じ働きをするようになる。 「歩が金に━」 ⓯ 〔古い言い方で〕おでましになる。〜あそばす。 「殿がお━・りになりました」 ◇非常に高い敬意を表す。 ◆以下のような文型でも使う(それぞれの項目を参照)。→ことになることとなるようになるとなるとになるととなればとなっては 表現しばしば、対応する他動詞文に「なす」ではなく「する」が用いられる。「水が湯になる/水を湯にする」「病気が気になる/病気を気にする」→する㊁⑥〜⑩ ㈡  〘補動〙  ❶ 《「━・らない」の形で》→ならない②〜⑤ ❷ 《「て[で]━(もの)か」の形で》…てたまる(もの)か。 「死んで━か」 「負けて━ものか」 ❸ 《「お[ご]…になる」の形で、間に動詞連用形や漢語サ変動詞語幹が入って》尊敬 Aが…するという動作について、Aを高める。 「先生がお読みに━」 「皆さんがご心配に━・っています」 「お試しに━・りますか」 ◇「お見えになる」「お召し上がりになる」は、「見える」「召し上がる」も敬語で二重敬語だが、一般化した表現として使う。→お(御)①㋑ご(御)①㋑ 注意 ⑴ 「お[ご]…になる」の形が慣用になじまない動詞もある。「× お貰もらいになる・お死にになる」 ⑵ 「ご注文の品はおそろいになりましたでしょうか」は、「注文の品がそろった」の敬意表現で、客である「あなた」にではなく、「注文の品」に敬意を払った言い方になるため、誤り。レストラン側の行為として、「ご注文の品はそろっておりますでしょうか」のように言うか、客側の状態を表す「(お客様には)ご注文の品はおそろいでしょうか」のように言うのが適切。 ⑶ 尊敬の「れる」を続けた「お…になられる」は二重敬語で、敬意過剰。「× 先生がお越しになられた」「× どうぞご覧になられてください」→「お」のコラム15 ◆表記㊀①②⑭はかな書きも多い。③はかな書きが多い。④は「鶏口と為るも牛後と為るなかれ」など、慣用的に「為」と書くものもあるが、一般にかな書き。⑤〜⑬、並びに㊁は、一般にかな書き。 可能なれる「信ずれば幸せになれる」 [名]成り 関連語 大分類‖できる‖できる 中分類‖できる‖できる 大分類‖生‖せい 中分類‖生み出す‖うみだす

明鏡国語辞典為るで完全一致するの検索結果 1-2