複数辞典一括検索+

おわ・る【終わる】ヲハル🔗🔉

おわ・る【終わる】ヲハル  〘動五〙  ㈠  〘自〙  ❶ 続いていた物事がそこでおしまいになる。終わりになる。 「仕事が四時に━」 「戦争が━(=終結する)」 「曲は五分で━」 「趣味で━・らせるには勿体もったいない腕前」 「武道は礼に始まり礼に━」 「一年[青春]が━」 「この辺りで渓谷が━」 ⇔始まる ❷ 《主に「…に━」の形で、多くマイナス評価の語を受けて》思わしくない結果になる。 「失敗[徒労・ぬか喜び・未完・引き分け・圧勝]に━」 「顧みられずに━」 ㈡  〘他〙  ❶ 続けていたことがそこでおしまいになる。終える。 「五時に会議を━」 「話[支払い]を━」 ❷ 続けてきた勤めや役割がそこでおしまいになる。また、その期間がおしまいになる。特に、死ぬ。終える。 「研修を━・って任地に飛ぶ」 「四年の課程を━」 「猛練習に明け暮れて思春期を━」 「六〇歳で生涯を━(=死ぬ)」 表現「会議が終わる/会議を終わる/会議を終える」では、意味が微妙に異なる。「〜が終わる」は自然のなりゆきとして終了する、「〜を終える」は意図的に終了する意。「〜を終わる」は中間的な言い方で、自分の意図にかかわりなく終了する意。「これで挨拶あいさつを終えます」というと、話し手の意図が前面に押し出されすぎるため、一般には「〜を終わります」という穏やかな言い方になる。→終える㊀ ㈢ 《動詞の連用形に付いて複合動詞を作る》その動作が終了する意を表す。…終える。 「言い━・書き━・歌い━・食べ━・洗い━・払い━」 表現→終える㊂ ◆表記「卒わる」「了わる」とも。→終える 可能終われる「今月中には終われる」 [名]終わり 関連語 大分類‖終わる‖おわる 中分類‖終了‖しゅうりょう

明鏡国語辞典 ページ 960 での終わる単語。