複数辞典一括検索+

お・える【終える】ヲヘル🔗🔉

お・える【終える】ヲヘル  〘動下一〙  ㈠  〘他〙  ❶ 続けてきたことをそこでおしまいにする。終わりにする。済ませる。 「二人は結婚式を━・えて新婚旅行に旅立った」 「午前中に仕事を━」 「食事[報告]を━」 ⇔始める ❷ 続けてきた勤めや役割などをおしまいにする。また、その期間をおしまいにする。特に、命を閉じる。 「新入社員が研修(期間)を━」 「義務教育を━」 「二年間の単身赴任を━」 「幸福な生涯を━」 「八〇年の命を━」 表現①②とも、「〜を終わる」とともに、「〜が終わる」で言い換えることができる。「〜が終わる」は動作の終了を自然のなりゆきとして客観視していい、「〜を終える」は人の営みとして動作主の意図に注目していう。②の命を閉じる意の「生涯を終える」などには意図性はないが、「〜が終わる」では表現できない人の営みの重さがある。→終わる㊁ ㈡  〘自〙 〔俗〕終わる。 「宿題が━・えたら遊べるよ」 表現自動詞の「終わる」を他動詞に使うことは普通だが、他動詞の「終える」を自動詞に使うことはまれ。 ㈢ 《動詞連用形に付いて複合動詞を作る》その動作を終了させる意を表す。…てしまう。 「今、書き━・えたところだ」 「一人で二〇〇球を投げ━」 「食べ━・話し━・読み━」 ⇔始める 表現「終わる」ともいうが、「終える」のほうが動作主の意図が強く出る。 ◆表記「卒業」を踏まえて「卒える」(「学業[小学校]を卒える」)、一区切りついて終える意で「了える」(「手紙を書き了える」)とも書くが、一般には「終」でまかなう。 [文]を・ふ(下二) 関連語 大分類‖終わる‖おわる 中分類‖終了‖しゅうりょう

明鏡国語辞典 ページ 775 での終える単語。