複数辞典一括検索+

考える🔗🔉

考える あん‐しゅつ【案出】 いっ‐こう【一考】 おもん‐ぱか・る【慮る】 かん‐あん【勘案】 かんがえ【考え】 かんがえ‐ごと【考え事】 かんがえ‐こ・む【考え込む】 かんが・える【考える】 かんが・みる【鑑みる】 かん‐こう【勘考】 かん‐しょう【観照】 く‐りょ【苦慮】 こう‐あん【考案】 こう‐さつ【考察】 こう‐りょ【考慮】 こ‐りょ【顧慮】 さい‐こう【再考】 し‐あん【思案】 し‐こう【思考】 し‐さく【思索】 じゅく‐りょ【熟慮】 じゅっ‐こう【熟考】 し‐りょ【思慮】 しん‐りょ【深慮】 すい‐こう【推考】 せん‐りょ【浅慮】 たん‐りょ【短慮】 ちん‐し【沈思】 ちん‐せん【沈潜】 はつ‐あん【発案】 めい‐そう【瞑想・冥想】 もく‐そう【黙想】 もっ‐こう【黙考】 選ぶ えら・ぶ【選ぶ】 えり‐すぐ・る【選りすぐる】 えり‐ぬき【選り抜き】 え・る【選る・撰る】 かい‐せん【改選】 かん‐せん【官選】 くじ‐びき【籤引き】 けっせん‐とうひょう【決選投票】 げん‐せん【厳選】 こう‐せん【公選】 さい‐たく【採択】 さい‐ひ【採否】 じ‐せん【自選】 じん‐せん【人選】 すい‐せん【推薦】 スクリーニング[screening] すぐ・る【選る】 すす・める【薦める】 せい‐せん【精選】 せん【選】 せん‐こう【選考(銓衡)】 せん‐しゅつ【選出】 せん‐たく【選択】 せん‐てい【選定】 せん‐べつ【選別】 た‐せん【多選】 ちゅう‐せん【抽籤・抽選】 チョイス[choice] とう‐せん【当選】 とく‐せん【特選】 にゅう‐せん【入選】 み‐つくろ・う【見繕う】 みん‐せん【民選】 よ‐せん【予選】 より‐どり【選り取り】 よりどり‐みどり【選り取り見取り】 より‐ぬき【選り抜き】 よ・る【選る】 比較 かん‐ごう【勘合】 きょう‐そう【競争】 くらべ【比べ(較べ・競べ)】 くら・べる【比べる(較べる・競べる)】 しょう‐ごう【照合】 すり‐あわ・せる【摺り合わせる】 たい‐しょう【対照】 たい‐ひ【対比】 つき‐あわ・せる【突き合わせる】 てらし‐あわ・せる【照らし合わせる】 にらみ‐あわ・せる【睨み合わせる】 ひ‐かく【比較】 ひき‐あい【引き合い】 ひ・する【比する】 み‐くら・べる【見比べる(見較べる)】 分類 いろ‐わけ【色分け】 えり‐わ・ける【選り分ける】 かっ‐き【画期(劃期)】 かん‐べつ【鑑別】 きき‐わ・ける【聞き分ける】 く‐ぎり【区切り】 く‐ぶん【区分】 く‐べつ【区別】 けじめ さ‐べつ【差別】 さべつ‐か【差別化】 しき‐べつ【識別】 し‐きり【仕切り】 し‐わけ【仕分け】 せい‐り【整理】 セグメント[segment] せん‐びき【線引き】 たい‐べつ【大別】 つき‐あわ・せる【突き合わせる】 てらし‐あわ・せる【照らし合わせる】 にらみ‐あわ・せる【睨み合わせる】 はん‐べつ【判別】 ぶん‐るい【分類】 べん‐べつ【弁別(辨別)】 み‐くら・べる【見比べる(見較べる)】 み‐さかい【見境】 み‐わけ【見分け】 より‐わ・ける【選り分ける】 るい‐べつ【類別】 荒れる 荒れる あらし【荒らし】 あら・す【荒らす】 あら‐だ・つ【荒立つ】 あら‐だ・てる【荒立てる】 あら‐の【荒野(曠野)】 あら‐らか【荒らか】 あれ‐ち【荒れ地】 あれ‐の【荒れ野】 あれ‐もよう【荒れ模様】 あ・れる【荒れる】 こう‐てん【荒天】 こう‐はい【荒廃】 こう‐や【荒野】 は‐らん【波瀾(波乱)】 はらん‐ばんじょう【波瀾万丈(波乱万丈)】 肌荒れ あれ‐しょう【荒れ性】 あれ‐はだ【荒れ肌(荒れ膚)】 あ・れる【荒れる】 て‐あれ【手荒れ】 はだ‐あれ【肌荒れ(膚荒れ)】

明鏡国語辞典 ページ 6913 での考える単語。