複数辞典一括検索+

や・る【遣る】🔗🔉

や・る【遣る】  〘動五〙  ㈠  〘他〙  ❶ 目的を与えてある所に行かせる。 「娘を実家に使いに━」 「調査団を現地に━」 「若い衆を応援に━」 「三人の子供を大学に━」 ❷ 目的の所へ届くように送り出す。 「手紙[ことづけ]を━」 ❸ 乗り物を動かし進める。 「船を川上に━」 「車を駅まで━・ってくれ」 ❹ 物をある所(特に、どこか不明の場所)へ動かす。 「ここにあった新聞をどこへ━・ったの?」 「僕は財布をどこかへ━・ってしまったようだ」 ❺ 体の部分をその方へ向けたり動かしたりする。 「庭に目[視線]を━」 「ドアの方に顔を━」 「子供の額に手を━」 「腰に手を━」 ❻ 同等以下の人や動植物に物を与える。 「家来に褒美ほうびを━」 「孫に小遣いを━」 「君にこの万年筆を━・ろう」 「犬にえさを━」 「花に水を━」 ⇔もら 表現近年ぞんざいな語感を与えるようになり、丁寧な言い方である「上げる」にとってかわられる傾向にある。→上げる㊀㉙ ❼ 〔やや古風な言い方で〕物事に気を配ったり遠くに思いをはせたりする。 「はるかの昔に思いを━」 ❽ 〔やや古風な言い方で〕心にかかる思いを払いのける。 「酒を飲んで憂さを━」 ❾ ある動作・行為をする。 「宿題を━・ってから出かける」 「皆でゲームを━・ろう」 「気のすむまで━」 「味なことを━」 「よくぞ━・ってくれた」 語法「やった、合格だ」「やったね!」など、遂行された行為を称賛して自動詞的にも使う。 表現「する」よりも俗語的。 ❿ 職業としてある仕事をする。また、店などを開いて営業を営む。 「農業を━」 「本屋[食堂]を━」 「塾の先生を━」 「これまでいろんな仕事を━・ってきた」 「店は夜八時まで━・っている」 ⓫ 興行や催しを行う。 「あの劇場ではいま歌舞伎を━・っている」 「選手権大会を━」 「展覧会を━」 「特売を━」 ⓬ 学問・技芸・遊技などを(身を入れて)行う。 「大学では数学を━・っている」 「何かスポーツを━・っていますか」 ⓭ ある役割を演じる。 「主役[キーパー]を━」 ⓮ 酒・タバコなどの嗜好しこう品を味わう。 「酒もタバコも━・らない」 「刺身で一杯━・ろう」 「食後に(パイプを)一服━」 ⓯ ある病気を経験する。わずらう。 「少年時代に結核を━・った」 「麻疹はしかはまだ━・っていない」 ⓠ 〔俗語的な言い方で〕好ましくないこと(特に、凶悪なこと)をする。 「バカなことを━・ってんじゃないよ」 「やつが会長を━・った(=襲った・殺したなど)」 「おれが本部を━(=襲撃する・爆破するなど)」 「大統領が凶弾に━・られる」 表記「私は殺っていない」など、殺人の場合は「殺る」とも。 ⓡ 〔俗〕性交する。 ㈡  〘自〙 暮らす。生活する。 「給料だけでは━・っていけない」 ㈢ 《動詞の連用形に付いて複合動詞を作る》 ❶ その動作が完了する意を表す。すっかり…する。 「まだ興奮が醒め━・らない」 「暮れ━・らぬ空」 「覚め━・らぬ眠り」 語法下に打ち消しを伴う。 ❷ その動作が広く、また遠くまで及ぶ意を表す。 「思い━・眺め━」 ㈣  〘補動〙 《動詞の連用形+接続助詞「て[で]」の形に付いて》 ❶ 同等以下の人などのために何かをする意を表す。 「娘に本を読んで━」 「弟の勉強をみて━」 「話を聞くだけは聞いて━」 「君に一杯おごって━・ろう」 「彼を励まして━・ってください」 ⇔(…て)もらう 表現主体と話し手が一致する場合は、ぞんざいな言い方となることが多い。近年、その語感が嫌われ、丁寧な言い方である「上げる」にとってかわられる傾向にある。より敬意の度合いの高い言い方に「…て差し上げる」がある。 ❷ 強い意志をもって、相手に悪い影響の及ぶ行為をする意を表す。 「殴って━」 「いつか思い知らせて━」 可能やれる 関連語 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖する‖する 大分類‖与える‖あたえる 中分類‖与える‖あたえる

明鏡国語辞典 ページ 6215 での遣る単語。