複数辞典一括検索+

㈡  〘補動〙 《「お[ご・御おん]…申す」の形で、間に動詞連用形や漢語サ変動詞語幹が入って》謙譲+丁重 Aに…する🔗🔉

㈡  〘補動〙 《「お[ご・御おん]…申す」の形で、間に動詞連用形や漢語サ変動詞語幹が入って》謙譲+丁重 Aに…する、A(の事物)を…するという動作について、Aを高めるとともに、相手(=聞き手・読み手)に改まった気持ちを表す。…いたす。 「〔A先生の妻に向かって〕私がA先生をご案内━・します」 相手とAが同一人物であることもある。 「よろしくお頼み━・します」 ◆表現㊀①、㊁は、現在では「ます」を伴って使う。「ます」がないと、ぶっきらぼうな武家ことば然とした言い方となる。 可能申せる敬語解説 関連語 大分類‖言う‖いう 中分類‖言う‖いう もう‐すぐ【もう直ぐ】  〘副〙 あまり時間がたたないうちに。間もなく。ほどなく。 「父は━帰ってくる」 「━春だ」 表記普通かな書き。 注意「もおすぐ」と書くのは誤り。

明鏡国語辞典 ページ 6071 での㈡  〘補動〙 《「お[ご・御]…申す」の形で、間に動詞連用形や漢語サ変動詞語幹が入って》謙譲+丁重 Aに…する単語。