複数辞典一括検索+

む・く【向く】🔗🔉

む・く【向く】 ㈠  〘他五〙  ❶ その方向に顔や体の正面が位置するようにする。 「右[上]を━」 「こちら[あっち]を━」 「くるりと反対の方を━」 「そっぽを━」 ❷ 物(の先端)がその方向を指し示す。 「磁針は北を━」 「この大砲は湾の入り口の方を━・いている」 「鼻が上を━・いている」 「歩くとき足先がやや外側を━」 ◆語法「上の方 を/に/へ━」「私の家は南 を/に/へ━・いて建っている」のように、①②ともに「〜に向く」「〜へ向く」の形で自動詞としても使う。 ㈡  〘自五〙  ❶ 〔やや古い言い方で〕その方向に進み向かう。また、それに面と向かう。対する。 「北に━・いて歩き出す」 「机に━・いて本を読む」 ❷ ある方面に興味や関心がむかう。 「気が━・いたら便りをください」 「足の━ままに旅を続ける」 「選挙に興味が━」 「愛情が他の人に━」 「世界の目はアジアに━・いている」 ❸ 《「運が━」の形で》未来へ向かって運が開ける。 「運がよい方に━・いてきた」 「僕にも幸運が━・いてきた」 ❹ 適している。 「彼は芸能人に━・いている」 「若者に━・いた仕事を探す」 「お茶漬けは酒の後に━・いている」 語法述語では「━・いている」の形が多い。 可能向ける [名]向き 関連語 大分類‖合う‖あう 中分類‖相応しい‖ふさわしい

明鏡国語辞典 ページ 5959 での向く単語。