複数辞典一括検索+

う・ける【受ける】🔗🔉

う・ける【受ける】 ㈠  〘他下一〙  ❶ 落ちてくる物や向かってくる物を手などでささえ止める。受け止める。 「水滴[雨水]を両手[おけ]に/で━」 「投球をミットで━」 語法「〜に受ける」「〜で受ける」の言い方があり、後者のほうが動作主の意図が強く出る。野球で、「打球をグラブで受ける」は自然だが、「打球をグラブに受ける」は不自然。 ❷ 差し出されたものをみずからの手におさめる。受け取る。 「杯を━・けてください」 「感謝状、謹んでお━・け致します」 「奨学金を━」 ❸ 自然の作用や、他からの作用がみずからの体に及ぶ。 「全身に朝日を━・けて深呼吸をする」 「空っ風を顔一杯に━」 「ヨットが(帆に)風を━・けて進む」 「船が(船体に)高波を━・けて転覆する」 「凶弾を頭に━」 ❹ ある行為がみずからに及ぶことを、受動的な視点でとらえていう語。 「損害を━(=こうむる)」 「接待を━(=接待される)」 「米国から援助を━」 「当局の許可を━」 「先輩の影響を━」 「下級生の挑戦を━」 「国民の歓迎を━」 「信頼を━」 「寵愛ちょうあいを━」 表現対象に抱く思いなどを受動的な視点でとらえてもいう。「心に感銘を━」「強い印象を━」 ❺ 《「…を━・けて(から)…する」の形で》自分に向けられた行為をしっかり受け止めて(から)…する。…に応こたえて…する。 「命令を━・けて出発する」 「反対意見を━・けて修正案を作る」 ❻ ある行為に応じる。 「入学試験[授業・手術]を━」 表現動作主の意図がはっきりと現れる言い方で、④と異なる。⑥の「講義を━(=意図的)」と④の「抗議を━(=抗議される。受動的)」を比較。 ❼ 他から与えられる。特に、天から授かる。 「この世に生を━・けて六〇年」 「天から━・けた才能」 ❽ あとを継ぐ。前を受け継ぐ。また、系統・血筋などを引く。 「前任者の後を━・けて事業を発展させる」 「平氏の血を━」 ❾ 文法で、後の語句が前の語句の働きかけをこうむる。 「体言『人』が連体形『美しい』を━」 ⇔係る ㈡  〘自下一〙 好評を得る。 「若者に━映画を企画する」 「即興のギャグが聴衆に━・けた」 ◆表記「承ける」「享ける」とも。「承」は受け継ぐ意で㊀⑧⑨で、「享」は授かる意で⑦で使われることがあるが、今は一般に「受」を使う。 [文]う・く(下二) [名]受け 関連語 大分類‖許可‖きょか 中分類‖承諾‖しょうだく 大分類‖行う‖おこなう 中分類‖試みる‖こころみる 大分類‖受ける‖うける 中分類‖受ける‖うける

明鏡国語辞典 ページ 553 での受ける単語。