複数辞典一括検索+

❸ 《「お[ご]…になる」の形で、間に動詞連用形や漢語サ変動詞語幹が入って》尊敬 Aが…するという動作について、Aを高める。🔗🔉

❸ 《「お[ご]…になる」の形で、間に動詞連用形や漢語サ変動詞語幹が入って》尊敬 Aが…するという動作について、Aを高める。 「先生がお読みに━」 「皆さんがご心配に━・っています」 「お試しに━・りますか」 ◇「お見えになる」「お召し上がりになる」は、「見える」「召し上がる」も敬語で二重敬語だが、一般化した表現として使う。→お(御)①㋑ご(御)①㋑ 注意 ⑴ 「お[ご]…になる」の形が慣用になじまない動詞もある。「× お貰もらいになる・お死にになる」 ⑵ 「ご注文の品はおそろいになりましたでしょうか」は、「注文の品がそろった」の敬意表現で、客である「あなた」にではなく、「注文の品」に敬意を払った言い方になるため、誤り。レストラン側の行為として、「ご注文の品はそろっておりますでしょうか」のように言うか、客側の状態を表す「(お客様には)ご注文の品はおそろいでしょうか」のように言うのが適切。 ⑶ 尊敬の「れる」を続けた「お…になられる」は二重敬語で、敬意過剰。「× 先生がお越しになられた」「× どうぞご覧になられてください」→「お」のコラム15 ◆表記㊀①②⑭はかな書きも多い。③はかな書きが多い。④は「鶏口と為るも牛後と為るなかれ」など、慣用的に「為」と書くものもあるが、一般にかな書き。⑤〜⑬、並びに㊁は、一般にかな書き。 可能なれる「信ずれば幸せになれる」 [名]成り 関連語 大分類‖できる‖できる 中分類‖できる‖できる 大分類‖生‖せい 中分類‖生み出す‖うみだす なっていな・い 非常に悪くて問題にならない。話にならない。なってない。なっとらん。 「まるで態度が━」

明鏡国語辞典 ページ 4632 での❸ 《「お[ご]…になる」の形で、間に動詞連用形や漢語サ変動詞語幹が入って》尊敬 Aが…するという動作について、Aを高める。単語。