❺ 「食べる」「飲む」の謙譲語。また、風呂ふろに入る意の謙譲語。Aからもらって食べたり飲んだりする動作について、Aを高める。また、Aから風呂をもらって入ると🔗🔉

❺ 「食べる」「飲む」の謙譲語。また、風呂ふろに入る意の謙譲語。Aからもらって食べたり飲んだりする動作について、Aを高める。また、Aから風呂をもらって入るという動作について、Aを高める。 「奥様のお料理は十分に━・きました」 「『お風呂がわきました』『では、お先に━・きます』」 ◇→いただきます ❻ 「食べる」「飲む」の丁重語。また、風呂に入る意の丁重語。相手(=聞き手・読み手)に対する改まった気持ちや上品な気持ちを表す。 「お夕飯ができましたから、冷めないうちに━・きましょう」 「晴れた日には庭でお茶を━のが習慣です」 「帰宅してすぐにお風呂を━・きました」 注意高めるべき人物が曖昧あいまいになり丁重語化したもので、本来は誤り。 ❼ 利益となるものを苦労もなく手に入れる。 「この勝負はこちらで━・いたぞ」 表現皮肉な気分を伴うこともある。「人のアイディアをちゃっかり━・いて澄ましている」 ㈡  〘補動〙  ❶ 《「…て[で]いただく」「お[ご]…いただく」の形で》謙譲 Aに…てもらうという動作について、Aを高める。 「A先生に推薦文をお書き━」 「いつも懇意にして━・いております」 「早速着手して━・きたい」 「お褒め━・いて恐縮の至りです」 「早速ご手配━・きたく願い上げます」 ◇「お[ご]…いただく」の「…」には動詞連用形や漢語サ変動詞語幹が入る。 注意 ⑴ 「…ていただく」「お[ご]…いただく」は、〈Aの「…」という動作を、いただく〉意で、Aの動作がそれを受ける人の恩恵となることを表す。恩恵を与える側のAを主語にした「先生来ていただきました」は誤り。「(私どもは)先生来ていただきました」もしくは「先生が来てくださいました」が正しい。 ⑵ Aの動作である「…」の部分を謙譲語にするのは誤り。「× ご拝読いただきありがとうございます→ お読み[ご覧]いただき…」 →「お」のコラム1120 ❷ 《「…(さ)せて━」の形で》→させていただく ◆→敬語解説 表記㊁はかな書きも多い。 可能頂ける [名]いただき 関連語 大分類‖受ける‖うける 中分類‖貰う‖もらう いただ・ける【頂ける(戴ける)】  〘動下一〙  ㈠  〘自他〙  ❶ 「もらえる」の謙譲語。また、「食べられる」「飲める」の丁重語。いただくことができる。 「優秀賞 を/が━・けた」 →頂く④ ❷ よいと認めて受け入れることができる。 「その説は━・けないね」 ㈡  〘補動〙 《「…て[で]いただける」「お[ご]…いただける」の形で》謙譲 Aに…てもらえるという動作について、Aを高める。 「(私は)先生に教えて━・けました」 「小社の製品はどなたにもお使い━・けます」 「〔駅のアナウンスで〕次の電車は(私どもはお客様に)ご乗車━・けません」 ◇「お[ご]…いただける」の「…」には動詞連用形や漢語サ変動詞語幹が入る。→ 表現 ⑴ 「Aは…いただける」は、「Aは(Bに)…してもらえる」意。「お客様はこのサービスをご利用いただけます」は、「お客様は(別の誰かに)このサービスを利用してもらえる」の意となり、誤り。「(私どもは)お客様このサービスをご利用いただけます」や、「お客様はこのサービスをご利用になれます」が適切。 ⑵ もらえるかどうか聞く、また、もらいたいとお願いするときは、次の順で丁寧さが増す。「いただけますか」「いただけませんか」「いただけませんでしょうか」 ⑶ やりもらいのできないものについて「いただけますか」とお願いするのは適切でない。「× お名前[電話番号]をいただけますか」 ◆「頂く」の可能形。

明鏡国語辞典 ページ 364 での❺ 「食べる」「飲む」の謙譲語。また、風呂に入る意の謙譲語。Aからもらって食べたり飲んだりする動作について、Aを高める。また、Aから風呂をもらって入ると単語。