複数辞典一括検索+

石に漱くちすすぎ流れに枕まくら🔗🔉

石に漱くちすすぎ流れに枕まくら 負け惜しみが強く、自分の誤りに屁理屈へりくつをこねて言い逃れることのたとえ。漱石枕流そうせきちんりゅう。 語源「石に枕し流れに漱ぐ(=俗世間を離れて山林などで自由に暮らす。枕石漱流)」というべきところを逆に言ってからかわれた晋の孫楚そんそが、「流れに枕するのは耳を洗うためで、石に漱ぐのは歯を磨くためである」とすかさず言い返したという『晋書』の故事に基づく。

明鏡国語辞典 ページ 337 での石に漱ぎ流れに枕す単語。