複数辞典一括検索+

す・る【擦る・摩る・磨る・摺る・擂る】🔗🔉

す・る【擦る・摩る・磨る・摺る・擂る】  〘他五〙  ❶ 〖擦〗ある物に他の物を強くふれあわせて動かす。こすりつける。 「マッチを━」 ❷ 〖摺〗手などを前後にこすり合わせる。 「蠅はえが手を━足を━」 ❸ 〖摩・磨〗ある物の表面に他の物を押しつけて繰り返し動かす。また、そのようにしてある物を作る。 「硯すずりで墨を摩る」 「ワサビを摩る」 「玉を磨る」 「やすりで磨って仕上げる」 語法「墨をごしごしと摩る/墨を濃く摩る」では、前者は硯に固体の墨をこすりつける意、後者はこすりつけて墨汁を作る意。 表記こする意で「摩」、みがく意で「磨」と使い分けるが、一般にかな書きも多い。書道では「磨」も好まれる。 ❹ 〖擂〗すり鉢・石うすなどに入れ、強く押しつけて細かく砕く。 「すり鉢でゴマを━」 「石うすで小麦を細かく━・りつぶす」 「上役にゴマを━(=おもねりへつらう)」 ❺ 〖摩〗賭け事などで不本意に金を使ってしまう。 「競馬で全財産を━」 可能擦れる

明鏡国語辞典 ページ 3266 での擦る単語。