ご【御】🔗🔉

ご【御】 ㈠  〘接頭〙 《基本的に漢語の名詞に付く。ごく一部の和語に付くこともある》 ❶ 尊敬 Aに関係する事物・状態や、Aが行う動作について、Aを高める。 ㋐ 名詞の上に付く。 「先生の著書」 「指導のほど、よろしくお願い致します」 「皆様の健康をお祈り申し上げます」 「殿からごしゅを賜る」 ㋑ 「ご…だ[です]」「ご…て[で]いらっしゃる」「ご…下さる」「ご…なさる」「ご…になる」などの形で、間に漢語サ変動詞語幹などが入る。 「先生はひどく立腹だ」 「皆無事でいらっしゃる」 「山田さんが説明下さった」 「まあ、そう遠慮なさらず」 「先生が到着になりました」 →だ(助動)③です(助動)④いらっしゃる㊁③下さる㊁なさる㊁成る㊁③遊ばす㊁あらせられる① 表現「ご」を用いた尊敬の依頼・命令・可能の表現は「お(御)」①の「表現」を参照。→「お」①の表現謙譲 Aに差し向ける事物や、Aに及ぶ動作について、Aを高める。 ㋐ 名詞の上に付く。 「先生への書状」 「とんだ無礼を致しました」 「ここで当社社長より挨拶あいさつを述べます」 「ごしゅをお注ぎします」 ㋑ 「ご…する[します]」「ご…申し上げる」などの形で、間に漢語サ変動詞語幹などが入る。 「私から田中さんに連絡します」 「係の者が皆様を案内申し上げます」 →する㊂④申し上げる㊁ 表現 ⑴ 「(私は)A先生に理解[足労]いただいた」などは句全体では自分側の動作についていう謙譲表現だが、「ご理解」「ご足労」の「ご」は、Aを高めていう尊敬用法である。 ⑵ 「ご」を用いた謙譲の可能表現、「いたす」などの丁重語と組み合わせた表現は、「お(御)」②の「表現」⑵⑶を参照。→美化語 美しく上品な言い方をすることで、自分の品位を高める。いろいろな物事について言う。 「ごしゅは冷やに限るね」 「本を読んであげましょう」 表現①②③に挙げた用例のように、同じ「御酒」でも、尊敬語・謙譲語になる場合がある。 ❹ 《「ご…様」「ご…さん」の形で、他人の状態を表す語が入って》他人に対するねぎらい・感謝・慰めの気持ちを表す。 「苦労様でした」 「どうも親切様」 「とんだ迷惑様で」 ❺ からかいや自嘲じちょう、ふざけの意を表す。 「よっ、両人!」 「ひどい面相だね」 「大層な理屈だこと」 ❻ 本来の敬意が失われて、形式的に添える語。 「破算で願いましては」 ㈡  〘接尾〙 《人を表す語に付いて》尊敬の意を添える。 「殿・親・姪めい」 ◆漢字「御」の字音に由来する語。古くは貴人の持ち物や行為についていう尊敬の用法に限られたが、のち、動作の及ぶ先を高める気持ちで、自分側の事物・行為に「ご」を付ける用法が生まれた。「ご」「お」の使い分けや誤用については、「お」のコラムを参照。→「お」のコラム

明鏡国語辞典 ページ 2003 での単語。