複数辞典一括検索+

き‐いつ【帰一】🔗🔉

き‐いつ【帰一】  〘名・自サ変〙 分かれていたものが一つにまとまること。 「神の教えはある真理に━する」 関連語 大分類‖終わる‖おわる 中分類‖結末‖けつまつ 大分類‖集まる‖あつまる 中分類‖合併‖がっぺい

明鏡国語辞典 ページ 1431 での帰一単語。