複数辞典一括検索+

0945.04 刀[部分][刃物]🔗🔉

0945.04 刀[部分][刃物] 拵(こしら)え 刀拵(かたなごしらえ) 刀装(とうそう) 太刀拵(ごしら)え 装剣金具 三所物(みところもの); 鍔(つば)・鐔(つば) 刀の鍔 角鍔 丸鍔 車鍔 粢(しとぎ)鍔 葵鍔 唐鍔(からつば) 金鍔・金鐔 銀鍔・銀鐔 亀山鐔(つば) 鍔元(つばもと); 鍔際(つばぎわ) 小刀櫃(こがたなびつ); 笄(こうがい) 小柄(こづか) 表(おもて)差し 裏差し・裏挿し; 刀身 地(じ) 反(そ)り; 刃(やいば) 刃文 地(じ)肌 鍛え肌 板目肌; 剣鋒(けんぽう) 剣先 剣頭(けんとう) 剣尖(けんせん) 刀尖(とうせん) 刀鋩(とうぼう) 剣鋩(けんぼう) 切っ先 鋒 鋩子(ぼうし) 刃先 刃口(はぐち); 刃元(はもと); 返り ふくら 小鎬(こしのぎ) 三つ角 横手 物打(ものうち); 棟(むね) 峰(みね) 刀背(とうはい) 鎬地(しのぎじ) 鎬(しのぎ) 貝鎬(かいしのぎ); 剣(けん)の樋(ひ); 棟区(むねまち) 刀区 刃区(はまち) 中心(なかご)・茎(なかご) 刀心(とうしん) 刀下(とうか) 茎先(なかごさき) 込先(こみさき); 目釘穴; 柄(つか) 刀把(とうは) 柄頭(つかがしら) 兜金(がね) 縁頭(ふちがしら) 柄巻(つかまき) 目貫(ぬき) 片し目貫(めぬき) 柄口(つかぐち); 刀銘(かたなめい) 刀銘(とうめい) 太刀銘 銘(めい) 裏(うら)銘 象眼銘; 鞘(さや) 刀室(とうしつ) 剣室(けんしつ) 棒鞘(ざや) 朱鞘(しゅざや) 白鞘(しらさや) 禿鞘(かぶろざや) 毛鞘(けざや) 蝋燭鞘(ろうそくざや) 替え鞘(ざや) 後家鞘(ざや) 懸鞘(かけざや); 石突(づき) 鞘尻(さやじり) 鐺(こじり) 船鐺(ふなこじり) 銀鐺(ぎんこじり); 鯉口(こいぐち) 鞘口(さやぐち); 差し裏 差し表(おもて); 鞘袋(さやぶくろ) 太刀袋 柄袋(つかぶくろ); 腰元金(がね); 鑢(やすり); 中心尻; 折金(おりがね) 【関連語】鞘師 拵(こしら)え屋 目貫(ぬき)師;小道具売り 小道具屋 0945.05 名刀[刃物] 名刀 名剣 名作物(もの) 業(わざ)物 大業物 業(わざ)良し 銘刀 快刀; 利刃(りじん) 太刀利き 鋭刃 物切れ; 氷刃(ひょうじん) 氷の牙 氷の刃(やいば) 抜けば玉散る氷の刃 冰(こおり)の如き短剣 氷の剣(つるぎ) 霜剣(そうけん); 三尺の秋水 秋水; 七星剣; 一期(いちご)一振り 天下五剣; 正宗; 篭釣瓶(かごつるべ) 【形容】切れる 切れ味の良い 切れのよい 鋭利 鋭い0091.04 シャープ

日本語大シソーラス類語検索大辞典 ページ 3797 での0945.04 刀[部分][刃物]単語。