日常言語学派🔗🔉

日常言語学派 (にちじょうげんごがくは) ordinary language philosophy 1940年代後半から50年代後半にかけて、イギリスのオックスフォード大学を中心に活動した一群の哲学者たちをこの名前でよぶ。代表的な哲学者としては、G・ライル、J・L・オースティン、H・L・A・ハート、P・F・ストローソン、F・ワイスマンなどがいる。彼らは、その主張する哲学的見解に関しては互いに大きく異なっていたが、われわれが日常生活で使用している言語(彼らの場合は英語)の分析が哲学者の中心課題であるという方法意識において一致していた。彼らがこのような態度をとるに至った歴史的背景は二重である。積極的側面においては、20世紀前半におけるオックスフォードのアリストテレス研究の深化である。そのなかでもっとも大きな影響力を行使したのは、J・C・ウィルソンとW・D・ロスである。この両者は、アリストテレス哲学が言語の用法の分析を特徴とするという認識をもち、断片的ではあったが、彼らの日常言語である英語による哲学的思索への応用を試みた。他方、消極的側面は、当時のケンブリッジを中心とする科学的哲学、あるいはウィーン学団を中心とする論理実証主義、そして、当時勃興{ぼつこう}しつつあった大陸流の形而上{けいじじよう}学、実存哲学への反発である。これらの哲学は、日常言語学派によれば、その哲学説の構築の際、使用する言語の日常的な用法を顧慮・反省しないために生じた「哲学的難問」にこだわるにすぎないと考えられ、その治療の一方法として日常言語への回帰が主張された。  この後者の判断から生まれた業績のなかではG・ライルによる「心」および「心的表現」の分析、J・L・オースティンによる知覚の言語の分析などが著名である。また、哲学の困惑の原因を同様に考えたL・ウィットゲンシュタインの後期哲学にも、優れた分析がみられるが、通常、日常言語学派に属するとはみられない。また、積極的、建設的な貢献には、H・L・ハートによる法律的発言の分析、P・F・ストローソンによる「真理」の分析が含まれる。しかし、これらの分析自体は評価されたものの、日常言語をいかに分析すべきであるかという方法論に欠けていたことと、個別言語の分析の普遍性に対する疑義から、学派として重大な影響を与えることはなかった。にもかかわらず、20世紀の後半以降においては、日常言語の用法をまったく無視する哲学的分析が説得力をもたなくなったことも事実である。 <土屋 俊> 【本】G・J・ワーノック著、坂本百大他訳『現代のイギリス哲学』(1983・勁草書房) ▽H・L・A・ハート著、矢崎光圀他訳『法の概念』(1976・みすず書房) ▽黒田亘編著『世界の思想家23 ウィトゲンシュタイン』(1978・平凡社) ▽J・L・オースティン著、坂本百大訳『言語と行為』(1978・大修館書店) ▽同著、丹治信春他訳『知覚の言語』(1984・勁草書房) ▽P・F・ストローソン著、中村秀吉訳『個体と主語』(1980・みすず書房) ▽F・ワイスマン著、楠瀬淳三他訳『言語哲学原理』(1982・大修館書店)

日常性🔗🔉

日常性 (にちじょうせい) vie quotidienne フランス語 Allt?glichkeit ドイツ語 日々の労働、消費、家族生活など、人間の生存と社会の維持にとって基本的な意味をもつ定常的、反復的な生活過程の特性をいう。一般論としては「非日常性」に対比される概念であるが、思想史的には、しばしば美的、芸術的な創造性(あるいは創造的な活動)との対比において問題とされてきた。あるいはまた、聖に対する俗として、[_ハレ]に対する[_ケ]として、遊びや祭りに対する労働としてとらえられる場合も少なくない。日常性を離れて人間の生活はありえないが、反面、日常性はその性質上、保守的、現状肯定的な傾向をもつ。ここから、日常性に対する両義的な価値判断が生じ、一方で「日常性への埋没」が批判されるとともに、他方で「日常性の重視」や「日常性の復権」が説かれることになる。しかし近年、そうした価値判断をいちおう保留して、日常性(あるいは日常生活)そのものの構造や意味をさまざまの学問領域から検討しようとする傾向が強まりつつある。→ケ <井上 俊>

日本大百科日常で始まるの検索結果 1-2