複数辞典一括検索+

イシイルカ🔗🔉

イシイルカ (いしいるか) 【学】Phocoenoides dalli Dall's porpoise 哺乳{ほにゅう}綱クジラ目ネズミイルカ科のハクジラ。体長2メートルぐらいの寒流性のイルカで、北太平洋と隣接海域の沖合いに分布する。頭は小さく、前頭部は短いとがった吻{ふん}で終わる。背びれは三角形で、体高が高く、尾柄上下の隆条(キール)が著しい。歯は小さく幅約2ミリ、長さ約10ミリ、上下左右おのおの二十数本あり、歯冠部はスペード状をなす。体色に二型があり、イシイルカ型では体側の白斑{はくはん}は肛門{こうもん}から背びれの位置までで、リクゼンイルカ型では胸びれの付け根前後に達する。両型とも背びれと尾びれの後縁が白く、その他は黒色である。千葉県銚子{ちようし}から南千島東方には後者が圧倒的に多く、その他の海域には前者のみが分布する。まれに全身が黒色の個体もいる。普通2、3頭の群れをなす。夏に交尾と出産をし、生後3〜7年で成熟する。三陸地方では毎冬数千頭が突{つき}ん棒{ぼう}で捕獲され、おもに静岡県で食用にされる。北洋のサケ・マス流し網では年間1、2万頭が混獲されている。→イルカ <粕谷俊雄>

日本大百科 ページ 3532