複数辞典一括検索+

流紋岩🔗🔉

流紋岩 (りゅうもんがん) rhyolite シリカSiO[▼2]をもっとも多く(約70%以上)含む火山岩で、花崗{かこう}岩に相当する化学組成をもつ。かつて石英粗面岩lipariteなどの名称が用いられたことがあったが、現在はもっぱら流紋岩が使用されている。流紋岩の多くは斑{はん}状組織を示し、石英やアルカリ長石(サニディン)の斑晶を含む。ときにはナトリウムの多い斜長石、黒雲母{くろうんも}、普通角閃{かくせん}石、磁鉄鉱など、あるいは普通輝石、斜方輝石、橄欖{かんらん}石、ざくろ石を斑晶として含むが、それらの量は少ない。石基はガラス質または細粒で、白色、淡灰色、淡褐色である。結晶質の石基は、石英とその他のシリカ鉱物(鱗珪{りんけい}石、クリストバル石)、アルカリ長石が主体で、わずかに磁鉄鉱、ジルコン、燐灰{りんかい}石、スフェンなどを伴う。ガラス質の石基は脱ガラス化しやすく、新生代第三紀以前の流紋岩ではガラスの部分がクリストバル石の微細な結晶の集合体に変化していることが多い。斑晶をほとんど含まないガラス質の流紋岩は、見かけによって黒曜岩、ピッチストーンpitchstone(松脂{しようし}岩)、パーライトperlite(真珠岩)とよばれる。黒曜岩は黒色ガラス状、ピッチストーンは樹脂状光沢のある緑褐色のものをいう。パーライトはガラスに球状の割れ目が発達したものをいい、これは流紋岩が熱いうちに水と接触したためにできる。流紋岩は溶岩流、溶岩円頂丘、岩脈、大規模噴火の火砕流堆積{たいせき}物あるいは降下火砕堆積物(軽石や火山灰)として、大陸とその周辺の造山帯に多産するカルク・アルカリ系火山岩である。アルカリ角閃石(アルベゾン閃石、リーベック閃石)、アルカリ輝石(エジリン輝石)を含む流紋岩は、カルク・アルカリ系流紋岩と区別してアルカリ流紋岩とよばれる。  流紋岩質マグマの成因として、(1)玄武岩〜安山岩質マグマの結晶分化作用によって生じる、(2)地殻下部の岩石の部分融解でできる、(3)マグマと地殻の岩石の混染・同化作用でできる、などが考えられている。日本列島では中生代白亜紀(西南日本内帯)と新第三紀(グリーン・タフ地域)のものが多い。流紋岩溶岩は軽量の建築用石材(伊豆新島の抗火{こうか}石)として用いられている。多孔質の流紋岩溶岩や軽石は断熱性と保温性に優れているので、耐火モルタル用骨材、軽量コンクリート用骨材、軽量ブロック、外装タイルにも使われる。また微粉砕後、接着剤で成形、焼成して軟らかい研磨材としても使われる。 <千葉とき子>

日本大百科 ページ 67379 での流紋岩単語。