複数辞典一括検索+

日常性🔗🔉

日常性 (にちじょうせい) vie quotidienne フランス語 Allt?glichkeit ドイツ語 日々の労働、消費、家族生活など、人間の生存と社会の維持にとって基本的な意味をもつ定常的、反復的な生活過程の特性をいう。一般論としては「非日常性」に対比される概念であるが、思想史的には、しばしば美的、芸術的な創造性(あるいは創造的な活動)との対比において問題とされてきた。あるいはまた、聖に対する俗として、[_ハレ]に対する[_ケ]として、遊びや祭りに対する労働としてとらえられる場合も少なくない。日常性を離れて人間の生活はありえないが、反面、日常性はその性質上、保守的、現状肯定的な傾向をもつ。ここから、日常性に対する両義的な価値判断が生じ、一方で「日常性への埋没」が批判されるとともに、他方で「日常性の重視」や「日常性の復権」が説かれることになる。しかし近年、そうした価値判断をいちおう保留して、日常性(あるいは日常生活)そのものの構造や意味をさまざまの学問領域から検討しようとする傾向が強まりつつある。→ケ <井上 俊>

日本大百科 ページ 48188 での日常性単語。