複数辞典一括検索+

永田貞柳🔗🔉

永田貞柳 (ながたていりゅう) (1654―1734)江戸中期の狂歌作者。名は良因、のち言因。父貞因{ていいん}は禁裡{きんり}御用を勤めた大坂雛屋{ひなや}町の菓子商鯛屋{たいや}。貞因も叔父貞富{ていふ}も俳諧{はいかい}をよくし、弟は浄瑠璃{じょうるり}作者紀海音{きのかいおん}という風流一家。早く狂歌を豊蔵坊信海{ほうぞうぼうしんかい}に学んで『後撰夷曲集{ごせんいきょくしゅう}』に十代で入集{にっしゅう}した以後、「箔{はく}の小袖{こそで}に縄の帯」すなわち雅俗折衷の平明な狂歌を理想として、大坂の庶民に狂歌を普及させた。とくに南都古梅園{こばいえん}の墨が天覧に入ったと聞いて「月ならで雲の上まですみのぼるこれはいかなるゆえんなるらん」と詠んで評判になったのにちなみ、油煙斎{ゆえんさい}、由縁斎と唱えてから名声いよいよ高く、門人は西日本や中京にまで広がった。家集に『家づと』『続家づと』があり、死後に『貞柳翁狂歌全集類題』(1809)がある。 <浜田義一郎>

日本大百科 ページ 47105 での永田貞柳単語。