複数辞典一括検索+

ドクガ🔗🔉

ドクガ (どくが) 【漢】毒蛾 昆虫綱鱗翅{りんし}目ドクガ科Lymantriidaeの総称。この科の種類は中形から大形。触角は短く櫛歯{くしば}状、雄では枝が長く羽毛状のことが多い。口吻{こうふん}は退化し、成虫は養分を摂取しない。世界中に分布するが、熱帯に種の数が多く、日本産は52種登録されている。幼虫は食葉性のケムシで、二次刺毛がよく発達している。ほかの科と違って、第6、第7腹節に背腺{はいせん}をもつ。腹脚は四対、尾脚もよく発達している。繭は、葉の間、枝あるいは樹皮に、体毛を混ぜてつくるが、一般に薄く、一部の種ではほとんど繭をつくらない。土中に入って蛹化{ようか}する種はいない。森林、果樹、庭園樹などの害虫が少なくない。  ドクガEuproctis subflavaは、はねの開張30〜40ミリ。体翅とも橙黄{とうこう}色。前翅は後翅より濃色、はねの中央部に黄白の細い帯が2本あり、その間はやや黒みを帯び、外縁の翅頂下に1、2個の黒紋または黒点をもつことが多い。一般に雌は雄より大きい。北海道から九州、対馬{つしま}、朝鮮半島、シベリア南東部から中国に分布する。幼虫は体長約40ミリ。体は黒色、背線と側部は橙{だいだい}色。黒色毛を歯ブラシ状に密生し、黄褐色毛を混ぜる。毛の束のなかに毒針毛が混ざり、これが皮膚に刺さると、かゆみとともに炎症をおこす。年1回の発生で、若齢幼虫で群集して越冬し、春に休眠から覚めて新芽を食害する。若齢のうちは群生し、頭部をそろえて食葉を食べるが、のちに分散する。初夏のころ、葉間などに体毛を混ぜた薄い繭をつくって蛹化{ようか}する。この繭には無数の毒針毛が混ぜられ、夏に成虫が羽化すると、その体には鱗粉に混ざって、多数の毒針毛がついている。したがって、繭に触れても、また成虫が灯火に飛来して壁などにぶつかったときも、人の皮膚に毒針毛が刺さって炎症をおこす。雌は産卵する際、卵塊を毒針毛の混ざった尾毛で覆うので、孵化{ふか}した幼虫は母ガからもらった毒針毛で体を覆うことになる。幼虫はきわめて雑食性で、サクラ、バラ、キイチゴ、クヌギ、クリ、カキなど多種類の樹木や低木の葉を食べる害虫である。Euproctis属は日本に12種いて、いずれも幼虫の体に毒針毛が生え、これが繭を経て成虫に受け継がれる衛生害虫である。ドクガが大発生すると、人畜に大きな害を与える。 <井上 寛>

日本大百科 ページ 45477 でのドクガ単語。