複数辞典一括検索+

鯛車🔗🔉

鯛車 (たいぐるま) 鯛の形につくった玩具{がんぐ}に車をつけたもの。幼児が転がして遊び、古くから祝い物などにも用いられた。鯛の赤い色は、幼児の悪病を退散させる強い力があるという俗信から、疱瘡除{ほうそうよ}けのマスコットにされてきた。張り子、木、紙製の各種がある。郷土玩具として各地にみられ、埼玉県鴻巣{こうのす}市の鯛車、新潟県三条市の鯛灯籠{どうろう}、滋賀県草津市のぴんぴん鯛、鹿児島県姶良{あいら}郡隼人{はやと}町鹿児島神宮(国分八幡{こくぶはちまん})の鯛車などがある。→郷土玩具 <斎藤良輔>

日本大百科 ページ 37987 での鯛車単語。