複数辞典一括検索+

石勒🔗🔉

石勒 (せきろく) (274―333)中国、五胡{ごこ}十六国時代、後趙{こうちょう}の初代の君主(在位319〜333)。匈奴{きょうど}系の羯{けつ}族の出身で、山西省武郷県付近の小部族の首長{しゅちょう}の家に生まれたが、若くして漢人の奴隷に転落した。さらに群盗の仲間に入ってその首領となり、八王の乱に乗じて勢力を伸ばしたが、劉淵{りゅうえん}が漢の帝位につくと彼に降{くだ}り、永嘉{えいか}の乱では劉曜や王彌{おうび}らと活躍した。しかしその後、襄国{じょうこく}〔河北省?台{けいだい}県付近〕を拠点として山東、河南、および河北を経略し、しだいに漢から自立する傾向を強め、漢が?準{きんじゅん}によって滅ぼされると、長安にあった劉曜の前趙に対抗して自ら趙王の位につき、後趙を建てた。のち前趙を滅ぼして関中をも併合すると、趙天王を経て帝位についた(330)。彼は律令{りつりょう}を制定したり歴史書の編纂{へんさん}事業をおこして、中国の伝統的な制度や文化を尊重した。漢人と羯族以下の諸民族の区別を明らかにしたのもそのような姿勢の表れである。また仏図澄{ぶっとちょう}を礼遇して仏教の普及にも貢献した。 <關尾史郎> 【本】谷川道雄著『隋唐帝国形成史論』(1971・筑摩書房)

日本大百科 ページ 35807 での石勒単語。