複数辞典一括検索+

関口柔心🔗🔉

関口柔心 (せきぐちじゅうしん) (1598―1670)近世初期の柔術家、関口新心{しんしん}流の祖。家譜によれば、生国駿河{するが}、通称弥六右衛門{やろくえもん}、名は氏心{うじむね}、隠居して柔心と号す。父はもと今川の家臣、関口外記{げき}氏幸{うじゆき}。若年のころより刀槍{とうそう}の術を好んだ。諸国を歴遊し、長崎に至り、中国の拳法{けんぽう}・捕縛{ほばく}の術を学び、受身の術をくふうして名人といわれた。のち紀州藩に召し出され柔術および居合の一流をたて殷の湯王{とうおう}の湯盤{とうばん}の銘にいう日々新の語をとり新心流と称した。 <渡邉一郎>

日本大百科 ページ 35633 での関口柔心単語。