複数辞典一括検索+

石井露月🔗🔉

石井露月 (いしいろげつ) (1873―1928)俳人。本名祐治{ゆうじ}。秋田県河辺郡戸米川村(現雄和{ゆうわ}町)に生まれる。秋田中学中退。上京して正岡子規{しき}の知遇を得、『小日本』『日本』記者となり、俳句に導かれた。子規は河東碧梧桐{かわひがしへきごとう}、高浜虚子{きよし}と並び「警抜」と評した。1898年(明治31)医師試験に合格し帰郷。『俳星』を創刊して日本派を普及、医業のかたわら青年たちを指導した。死後『露月句集』(1931)、文集『蜩{ひぐらし}を聴きつゝ』(1935)が出た。 <福田清人>  秋立つか雲の音聞け山の上 【本】福田清人著『俳人石井露月の生涯』(1949・講談社)

日本大百科 ページ 3533 での石井露月単語。